いろいろ

クラウドワークあるあるを考えていたら、いろいろ問題点が見えてきた

投稿日:

「場所にとらわれない自由な働き方!」ということで、ネット上で仕事を請け負い自宅などで作業するクラウドワーク、クラウドワーキングが人気を集めています。大手ですと、「Lancers」とか「Crowdworks」あたりでしょうか。
私も登録しているのですが、そこで目にするのはとんでも求人の数々・・・ みなさんもこんな案件に注意しましょう。

こんな案件に注意!

単価が安すぎる

もうこれは定番中の定番ですね。「1000字200円」とか、大人をおちょくっているのでしょうか。低単価案件にありがちな文言は、

  • 初心者、主婦歓迎!
  • 経験を積める!

でしょう。初心者だからって一文字0.2円の価値しかないことはないだろうに・・・ 主婦だから安くてもいいという理屈も理解し難いものがあります。

単価高くないのに要求が厳しすぎる

単価自体はまあ内容次第では検討してもいいかなというレベルなのですが、やたらと要求が厳しい案件もあります。「コピペ禁止」はまあ当然だと思いますが、

  • 高いクオリティを求めています!
  • 毎日納品してください!
  • 連絡を欠かさず取れるようにしてください!

など。そんなこと要求するのは文字あたり単価が1円超えてからにしてくれって話です。

高単価をうたいつつ全然高単価じゃない

ざっと調べてみたところ、1文字あたり0.5円程度の案件から「高単価」という文言が出現しています。みなさんは、これを高単価だと思いますか?都市部であれば時給1000円のアルバイトも珍しくない時代。こちらの自称高単価案件に換算すると、1時間に2000字となります。1時間に2000字ってどうでしょう?自分の知識内で書けるのであればいけますが、リサーチを必要とする場合まず無理なのではないでしょうか。

彼らの中で高単価とは、あくまで「(クラウドワーキングサイトの中に山ほどある、クソ単価案件と比べれば)高単価」という意味なのです。本当の意味で高単価と言っていいのは、1文字2円以上程度からじゃないでしょうか。

(追記)
この記事を書いている最中にも、「【高額報酬!】1500字以上324円」とかいう仕事の依頼が・・・ アホか。

レビューの偽装を要求する

これは超悪質な事例です。「○○というアプリをダウンロードして、高評価を付けるだけの簡単な作業です。」という案件が少なからずあります。以前食べログのレビュー偽装が問題になったことがありましたが、それと同じことが堂々と行われているんですよね。アプリをダウンロードするにあたって評価は大事な指標ですから、これは困ります。
評価

クラウドワーキングサイトのここが問題!

クラウドワーキングサイトにいるとまさに「理想と現実」という感じなのですが、なぜまともな案件が少ないのでしょうか。

webコンテンツの低品質化

知りたいことについて検索した時に、本当に中身の無いサイトに出会った経験は多いと思います。キーワードを適当につないだだけみたいな。あれの担い手となっているのがクラウドワーキングサイトです。

ああいうサイトの目的は、特定のキーワードを組み込んで検索上位に来るように仕込み、やってきた客に広告クリックを促して収入を得ることです。いわゆるSEO対策というやつですね。だから、文章の中身なんてどうでもいいんです。だから最悪日本語ならなんでもいいレベルの低品質の文章で十分だし、当然単価は安くなります。

なお、SEO対策と言っても、まともなコンテンツを作ることで検索上位を狙うサイトと一緒にしてはいけません。私のサイトではしっかりしたコンテンツをお届けしたいと思っています。

仕事の価値を理解していない

これも大きいと思います。文章に限らず、イラスト、漫画などクリエイティブな職業に対する評価が低すぎるのではないでしょうか。
「絵上手だったよね?ちょっと描いてよ(もちろんタダで)」
みたいなのはよく問題になります。

イラストの価値が低すぎる問題 アイコン画像を依頼されて料金説明したら逆ギレされた人も(キャリコネニュース)

クラウドワーキングサイトではタダで依頼することはできませんが、クリエイティブな仕事における
「お金は出せないけどちょっと仕事してよ」
という風潮はなんなのでしょうかね。

お仕事を手伝えば、身内の用事ではない限り適切な報酬を支払うのが常識なのです。上記リンク先の記事にもありましたが、「好きなことやってるんだから収入少なくても文句言うな」みたいな考え方ってなんなのでしょうか。好きなことだろうが嫌いなことだろうが、評価(収入)は仕事の結果によってされるべきでしょう。
お金

【最後に】適正な評価がなされない日本の労働環境

クラウドワーキングサイトが抱える問題って、結局は日本人の労働意識にもつながってるんじゃないかなあと思えてきました。ブラック企業を監視する立場の厚生労働省自体がブラックであるという笑えない状況の中で、仕事に対して適切な報酬を支払うことの重要性は、どうしたら根付いてくれるんでしょうか。

「頑張ってる奴が偉い、苦労してる奴が偉い(つまり、自分偉い)」という間違った価値観は、早く消え失せるべきだと思います。10の仕事を8時間で終わらせる人より、10の仕事を10時間で終わらせる人のほうが頑張ってると評価され残業代ももらえる文化は、明らかに間違ってると思うのですが。

-いろいろ
-

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.