いろいろ

「スポナビライブ」ソフトバンクユーザーなら月額500円でプロ野球など見放題の最強サービス!

更新日:

最近は野球中継が地上波で放映されることもめっきり少なくなりましたね。そんな中、たった500円でプロ野球をはじめとするさまざまなスポーツの生中継を楽しめる「スポナビライブ」のサービスが始まりました。三代目J Soul BrothersのCMでおなじみのあれです。

料金プランや中継の対象など、気になることをまとめてみました。大画面で見る方法なんかも!

スポナビライブとはどんなサービスか

取り扱うスポーツ一覧!

Yahoo!の提供する「スポーツナビ」にお世話になってきたスポーツ好きは多いのではないでしょうか。そのスポナビさんから提供されている、スポーツ番組配信サイトがスポナビライブです。スポナビライブで取り扱われるスポーツは以下のような感じ。

  • プロ野球(巨人、広島の主催試合、中日の一部主催試合は除く)
  • 海外サッカー(プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ全試合)
  • 大相撲(序の口から幕内まで)
  • なでしこリーグ(全試合)
  • MLB(1日4試合)
  • テニス(ATP250。一部大会は除く)
  • 男子バスケ(1部リーグ全試合)

公式サイトでは生中継との表記があるものとないものがありますが、おそらくそのほとんどが生中継と思われます。

気になるお値段は

こちらは、ソフトバンクのユーザーであれば月額500円で視聴することができます。(初月無料)
それ以外のキャリアの携帯電話の方は、月額3000円で2016年夏前から提供開始が始まりました。3000円はちょっと高いなとも思いますが、これもソフトバンクのユーザー囲い込み戦略の一環なのでしょう。
スポナビライブ
実はこれ、ソフトバンクユーザーであれば破壊的な安さなんです。私はリーガ・エスパニョーラとテニスの四大大会を見るためにWOWOWと契約していました。こちらが月額2300円です。映画、音楽などの番組まできっちり楽しむ方にはいいのでしょうが、スポーツだけだとややもったいない感じです。

WOWOWを解約するとテニスの四大大会が民放頼みになってしまうのは辛いところではありますが、コストが500円にまで下がる上に野球、プレミアリーグ、その他いろいろ見れちゃうスポナビライブのお得感には勝てません。

視聴手順、視聴方法はこんな感じ

  1. アプリストアで「スポナビライブ」のアプリをダウンロードします。もちろんiOS、Android対応。
  2. アプリを開くと、ユーザー認証画面に入ります。wifiで通信している場合、オフにするよう求められます。
  3. これで見られるようになります。

スポナビライブ2
トップ画面はこんな感じ。もちろん、見たい試合を全画面表示させることもできますよ。

なお、認証画面でwifiはオフにしましたが、それ以降はwifiをオンにしても問題ありません。通信量が気になる方はwifiオンを推奨します。

大きい画面で見たいんじゃー

さて、ここまで特に弱点がないように見えるスポナビライブですが、私にとって唯一とも言える弱点が「基本スマホで視聴する必要がある」という点。最近はyoutubeとかでもスマホ視聴が増えているようなのですが、みなさんよく目痛くなりませんね・・・ 
iPhone6Sに変えてからは多少画面が大きくなったものの、これでもまだ辛いです。大きな画面で見る方法はないのでしょうか?いろいろ調べてみました。

Chromecast、AppleTVなどの端末を使う

テレビに差すだけで、まるでスマホの画面が拡張されたかのように使える便利端末。ほかにもAmazonなんかも出していますよね。我が家にもChromecastがあるのですが、例えばスマホからChromecastを使ってyoutubeを再生するよう指示しテレビで再生が始まると、スマホ側で別の作業をしていてもテレビで再生し続けてくれます。

これが使えないか調べてみましたが、現状では非対応のようです。ただし、「ミラーリング」という方法を使うと、テレビでも見ることができます。これは、スマホの画面をそのままテレビに映す方法。動画再生中には操作しづらいのですが、テレビで見ることは可能になります。ChromecastはAndroidのみ、AppleTVはiOSのみという制約はありますが、十分使えそうです。

その他、サードパーティ製端末もいろいろあるみたいですので、探してみてください。Amazonのこちらの商品が、コスト面考えてもかなり優秀かなと。

【追記】
スポナビライブのChromecast対応が発表されました。詳しくはこちらの記事で。

【朗報】スポナビライブがPC/Chromecast対応で大画面化!半額キャンペーンも延長!!

拡大鏡を使う

このデジタルな時代に、非常にアナログな方法ででかっくしちゃいます。それが拡大鏡。


スクリーンサイズが7.6インチですので、iPhone6Sだと倍くらいの大きさになるのかな?値段も1000円程度とお手軽なのが魅力です。Amazonで調べてみると同種のものもたくさんありますが、レンズ部分が安物のものも結構あるようで、レビューを見ながら注意して選びましょう。楽天では我らが上海問屋の商品も。

スタンド式 拡大鏡 [折りたたみ可能]
価格:899円(税込、送料無料)

 

【最後に】なにはともあれこのサービスはすごい!

スポナビライブのお話をしてきましたが、私にとっての欠点は画面が小さいことくらいで、それ以外はかなり満足できるサービスです。巨人、広島の主催試合やらないのは残念ですけど。このへんがセ・リーグのダメなところなんだろうなと思ってしまいますが、それはまた別の話。

画面が小さい問題をどう解決するか、しばらく模索してみたいと思います。

-いろいろ
-

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.