ゲーム全般

小型ファミコンが日本でも発売へ!名作30本入りでお値段なんと5980円!

投稿日:

海外で先に発売のニュースがあり、日本のオールドファンをヤキモキさせていた小型ファミコンこと「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。
いよいよ日本での発売が正式に発表されましたよ。

過去の「ファミコン」とは変わっている部分も多くありますので、そのあたりを中心にまとめてみます。

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」はソフト内蔵!

外観はこんな感じ。
famicom
そのままファミコンって感じですが、驚くべきはそのサイズ感。なんと手のひらサイズなんですよね。
接続はHDMIケーブルとUSB給電ということで、昔のファミコンのように「3色ケーブルとバカでかいACアダプタ」なんて必要ありません。
ゲームは30本が内蔵。スイッチオンですぐ遊べます。

本体にはふたつのボタンが。左下はそのまま電源ボタン。右下はリセットボタンですが、役割は「ゲームを中断」と変更に。押した時点を中断ポイントとして、そのデータを4つまで保存しておくことができます。昔の仕様ではクリアできなかったあのゲームも、この機能を使えばクリアできるかもしれません。

画像はデジタルテレビ用に最適化されていますが、「あのアナログ感がほしかったのに」という方のために、アナログモードに設定可能です。
また、ソフトの挿入口とEJECTボタンはそのまま残っています。特に説明がないので飾りだと思います。

発売は2016年11月10日。税別で5980円です。

収録されているタイトル一覧

収録されているのは任天堂タイトルを中心とした全30本。全体としてアクションが多い印象ですね。発売順に並べてみます。

「ドンキーコング」
「マリオブラザーズ」
「パックマン」
「エキサイトバイク」
「バルーンファイト」
「アイスクライマー」
「ギャラガ」
「イー・アル・カンフー」
「スーパーマリオブラザーズ」
「ゼルダの伝説」
「アトランチスの謎」
「グラディウス」
「魔界村」
「ソロモンの鍵」
「メトロイド」
「悪魔城ドラキュラ」
「リンクの冒険」
「つっぱり大相撲」
「スーパーマリオブラザーズ3」
「忍者龍剣伝」
「ロックマン2 Dr.ワイリーの謎」
「ダウンタウン熱血物語」
「ダブルドラゴンII ザ・リベンジ」
「スーパー魂斗羅」
「ファイナルファンタジーIII」
「ドクターマリオ」
「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」
「マリオオープンゴルフ」
「スーパーマリオUSA」
「星のカービィ 夢の泉の物語」

この中で私がファミコン版でプレイしたことがあるのは、

「スーパーマリオブラザーズ」
「スーパーマリオブラザーズ3」
「ドクターマリオ」
「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」
「スーパーマリオUSA」
「星のカービィ 夢の泉の物語」

このあたりでしょうか。もちろんリアルタイムではありませんが・・・
videogame_boy

おっさんホイホイだがスマホ世代も楽しめそう

この記事の執筆にあたり、いくつかのゲームの動画を見返してみました。もちろん画像は今のゲームと比べるほどでもないのですが、単純さゆえの熱中があるように思いました。

基本的なターゲットはかつてファミコンで遊んだ世代になると思いますが、スマホでしかゲームしたことないような人も余裕で楽しめるラインナップだと思います。

任天堂といえば新型機のNXが気になるところではありますが、こういう商品もいいですよね。すでにAmazonでは予約がスタートしています。


-ゲーム全般
-, ,

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.