switch

Switchと一緒に購入しておくといいかもしれない周辺機器一覧

更新日:

任天堂の新ハードとなるSwitch。どうやら予約好調のようですね。任天堂にしろSONYにしろ、家庭用ゲーム機が売れるのは喜ばしいことです。

さて、Switchは基本セットとソフトを買うだけでももちろん楽しめるのですが、合わせて買っておくとより楽しめるであろう周辺機器もあります。

自分用のメモも兼ねてまとめておきますので、参考になればと思います。

Nintendo Switch キャリングケース (画面保護シート付き)

本体を取り外して持ち歩くことができるSwitch。持ち運ぶとなればなんらかのケースがほしいところです。「Nintendo Switch キャリングケース (画面保護シート付き)」は、画面保護シートも付いたセットです。

落下の際などの保護機能がどの程度あるか分からないのが残念なところ。

液晶フィルム・ガラスフィルム

Switchは本体画面が広く露出したタイプであるため、その上にはなんらかのフィルムを貼っておきたいところです。値段を考えるなら液晶フィルム、保護性能を高めるのであればガラスフィルムを検討しましょう。

Nintendo Switch Proコントローラー

Switchの基本セットには、ジョイコン(L、R)とグリップが付いており、これがコントローラーの役割を果たします。もちろんこれで十分ではあるのですが、ゲーム機のコントローラーらしい操作感を求める場合には、「Nintendo Switch Proコントローラー」を検討すると良いでしょう。

ジョイコンは本体に接続した状態で充電する必要がありますが、「Nintendo Switch Proコントローラー」はUSB端子があり、単独で充電することができます。

Joy-Con充電グリップ

ジョイコングリップがあれば、ジョイコンを接続して普通のコントローラーのように使うことができます。ただし、先程も書いたとおり、そのままでは充電することができません。

「Joy-Con充電グリップ」があれば、グリップに接続したまま充電することができます。「Nintendo Switch Proコントローラー」と比べてお安くなっている点も魅力的。

Joy-Conハンドル 2個セット


ジョイコンを接続することで、実際に運転しているような感覚でゲームを楽しむことができます。実質マリオカート専用アイテムですね。なくてもいいと言えばそれまでですが、これがあると子供が喜びます(実体験)。

フィルムだけはすぐにでも買っておきたい

以上、Switchと合わせて買うといいかもしれない周辺機器の紹介でした。

実際使ってみないと分からない面も多いのですが、とりあえずフィルムだけは必須ですかね。



Switchのリンクを貼っておきます。正規価格(定価は税込み32378円)で売られていないこともありますので、十分にご確認を。

-switch
-,

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.