PS4

フリープレイできてた「The Unfinished Swan」やってたらゲーム酔い(3D酔い)した話

更新日:

2017年7月のフリープレイが公開されました。今月はアンコール配信が3本ある特別バージョンでしたが、みなさんの満足度はいかがでしょうか。

私は気になっていた「The Unfinished Swan」をプレイしたのですが・・・ 酔いましたね。

ストーリーはこんな感じ

まずはゲーム紹介から。

亡くなったお母さんが残したたくさんの絵。そのうち1枚だけを持って施設に入ることになったのですが、その絵に描かれていた白鳥がいなくなってしまいました。

そして現れた小さな扉。そこには不思議な不思議な世界が広がっていました。いなくなった白鳥の足跡を辿りながら、真っ白な世界を旅します。

▲ところどころにストーリーも。

インクをぶつけ風景を浮かび上がらせる

この世界は真っ白です。ですが、そこには確かに風景が存在します。そのままではなんだか分からない世界ですが、黒いインクをぶつけていくことで風景を確認し、先へと進んでいきます。

可能なアクションは、黒いインクをぶつけることと、軽くジャンプをすること。視点をぐるぐると動かし、インクをぶつけながら道を探しましょう。

ところどころに白鳥の足跡が残されていますので、これが道標となります。

The Unfinished Swan_20170705155041

そしてゲーム酔い(3D酔い)へ

さて、最初は楽しく遊んでいた「The Unfinished Swan」なのですが、どうも途中から変な感じがしてきたんですよね。変な汗が出てきますし、なんだか気持ち悪くなってきました。

理由は分からなかったのですが、とりあえずゲームをやめて「The Unfinished Swan」の評判をTwitterで確認してみました。すると、同じ症状で悩む方が結構いることを発見。これが「ゲーム酔い」、あるいは3D酔いであることに気づいたのです。

噂には聞いたことのあるゲーム酔いですが、自分がなったのは初めて。FPS視点であること、かなりぐるぐると視点を動かすこと、そして真っ白の単調な風景もゲーム酔いを発症するのに貢献してしまったのでしょう。

特にやばかったのが、3ステージ目の迷宮でした。酔いやすい人は気をつけてくださいね。

世界観は好きだったので、こうなってしまったのは残念です。もうプレイすることはないでしょう。

-PS4
-

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.