ポケモン

【ポケモンGO】たとえテスト期間とはいえ、配布数絞ってEXレイドに挑戦できない状況をつくるのはユーザーにやさしくない

投稿日:

11月11日に開催された「EXレイド」は、かなり不満渦巻く展開となったようです。

配布数を絞ったゆえの犠牲者多数?

選ばれたユーザーのみに「EXレイドパス」が配布され、指定した日時にジムに行くとレイドバトルに挑戦できる、EXレイド。
ミュウツーをゲットできるということで楽しみにしているユーザーも多いのですが、現状ではテスト段階であり、EXレイドパスが配布されるユーザーは少数に留まっています。

そんな中、私にも11月11日開催のEXレイドパスが配布されました。
ジムの場所は近所のマクドナルドです。

指定時間の数分前から待機し、ミュウツーが出たのを確認してからバトルに参加。
指定時間ちょうどに入りましたが、第一陣の20人はあっという間に埋まりました。
この時点では、「第2陣もすぐに集まるだろう」と気軽に考えていたのですが・・・

30分経っても集まる最大人数は5人!
これでは勝てるはずもなく、結局挑戦することなくジムを去ることになりました。
もちろんこれでも、EXレイドパスは消化されてしまいます。
地方だし集まりが悪かったのかなあとも思ったのですが、その後Twitterなどを調べていると、同じような状況に遭遇した人が多数いることを発見。

こちらの記事でも取り上げられていました。
【ポケモンGO】EXレイドが人数不足…ミュウツーは最低何人で倒せるのか(ポケマピ)

どうやら今回のEXレイドでは配布枚数がかなり少なかったらしく、こういう事態はある程度想定されていたという状況が浮かび上がってきます。
もちろん、今はテスト段階です。
さまざまな状況を想定しながら、適度なバランスを探っているところでしょう。

しかし、EXレイドはすでに10回ほど開催されているわけです。
配った枚数の何割くらいのプレイヤーが参加するかについて、ある程度データは取れているのではないでしょうか。
EXレイドパスは開催日の一週間ほど前に配布され、プレイヤーはそこに向けて予定を調整するわけですよ。
で、喜んで行ってみたら人数不足で戦うことすらかなわない。しかもそれは配布枚数が調整された結果。
これではなかなか納得できません。

EXレイドパスをゲットしづらい地方組

そもそもジムの少ない地域では、ランダムに開催されるレイドバトルに時間を合わせて参加することも簡単ではありません。
実際、私の自宅兼仕事場から確認できるジムは一つだけですし、11月はじめにやってきたエンテイには、まだ一度も会えていません。
仮にその姿を確認できたとしても、平日は人が集まらなすぎて、レベル3以上のレイドバトルはまず勝てないですしね。

EXレイドパスの配布はそのジムで過去数週間(具体的な日数は不明)に勝利していることが条件ですから、レイドバトルをこなせないことは大きなマイナスです。
ポケモンGOのリリース当初から地域間格差はずっと存在していますが、新機能の追加にあたってもこれに対する配慮は十分とは言えません。

レイドバトルの仕様から見直すべき

納得はいきませんが、今回の開催分はもう取り返しがつきませんから、諦めるしかありません。
そこで、本実装に向けてやってほしいと考えることをいくつか上げておきます。

  • EXレイドパスは十分な枚数を配布する
  • ジムが少ない地域では、確認できる範囲をもっと広くする(例えば最寄り3つくらいのレイドバトルの予定が把握できる機能)

普通に考えて、ジムがたくさんある地域と少ない地域で確認できる範囲が同じというのは、不公平極まりないと思うんですよね。
Nianticさんのさらなる対応に期待します。
今はテスト段階ですし、意見を送ってみれば反映されるかもしれませんよ。
リクエストフォーム(ポケモンGO公式)

-ポケモン
-

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.