switch

Switch版JOYSOUNDがリリース。新機能やPS4版との違いをチェックしてみよう

投稿日:

おうちカラオケがはかどりそうですが、くれぐれも騒音注意。

Swichでカラオケを楽しもう

2017年12月6日、「カラオケJOYSOUND for Nintendo Switch」がリリースされました。
ソフト自体のダウンロードは無料で、利用に料金がかかる形になっています。(詳細は後ほど)

家庭用カラオケでは初めて実現したことがあり、

  • 往年の大スターの名曲が歌える
  • 話題の鉄道カラオケが楽しめる
  • Nintendo Switchのゲーム画像を背景に歌える

この3つを実現しています。
「往年の大スター」では、石原裕次郎さんなどの楽曲が収録されているとのことで、年配の方でも楽しむ幅が広がりそうです。
「鉄道カラオケ」とは、車内アナウンスを収録しており、車掌さん気分で楽しめそうです。

リモコンアプリにも対応

Joyconなどコントローラーを使っての操作にも対応していますが、選曲などでちょっと不便だなという印象もあるかと思います。
安心してください。Switch版JOYSOUNDはスマホアプリの「キョクナビJOYSOUND」にも対応しています。
スマホで選曲してそのまま予約できるとのことで、かなり快適に楽しめそうです。

酔っ払って殴られても、これならたんこぶくらいで済むでしょう。

ダウンロードはこちらから

PS4版との違いをチェック

さて、JOYSOUNDではPS4向けに「JOYSOUND.TV Plus」を提供しています。
Switch版とはどんな違いがあるのかチェックしてみましょう。

曲数

PS4:10万曲以上
Switch:14万曲以上

採点機能

PS4:分析採点、全国採点(一部楽曲非対応)
Switch:分析採点、全国採点

エコー、キー変更

どちらも対応

料金プラン

PS4:
24時間チケット(300円+税)
20日間チケット(1000円+税)※自動更新あり
30日間チケット(800円+税)※PSPlus会員のみ、自動更新あり

VR24時間チケット(500円+税)
VR20日間チケット(1800円+税)※自動更新あり
VR30日間チケット(1400円+税)※PSPlus会員のみ、自動更新あり

Switch:
3時間チケット(300円+税)
24時間チケット(500円+税)
30日間チケット(1400円+税)
90日間チケット(2800円+税)

総評

曲数自体はSwitchが多いものの、PS4ではVRカラオケが楽しめるといった特徴があります(PSVRが必要)。
また、料金はPS4版が安くなっています。
Switchも有料オンラインサービスが始まれば、有料会員専用のプランが発売されるかもしれません。
また、上記チケットの他にも、期間限定のチケットが販売されることもあります。

マイクは必須です

さて、カラオケを楽しむにはマイクが必要となります。
WiiUカラオケマイクがそのまま使えますので、こちらで購入しましょう。
一般的なUSBマイクでも使える可能性はありますが、動作確認はされていません。


-switch
-

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.