ドラクエ

ドラクエビルダーズ2、PS4版とSwitch版に違いはあるの?情報まとめ

投稿日:

2018年12月20日の発売が決まり、期待感が高まっている「ドラゴンクエストビルダーズ2」。

ドラクエビルダーズ2の発売は2018年12月20日!発表内容速報まとめ

今回はPS4版とSwitch版が発売されるのですが、それぞれどんな違いがあるのでしょうか?
現在公開されている情報の中からまとめてみました。

希望小売価格

いずれも同じです。

通常版:7,800円(パッケージ/ダウンロード)

追加DLCセット:9,700円(ダウンロードのみ)

当然ですが、販売価格はショップによって異なります。
執筆時点での販売価格を見ると、PS4版のほうが安い傾向にあります。

マルチプレイ

本作はマルチプレイに対応しています。
マルチプレイを楽しめるのは、同一プラットフォームのみとなっています。
(PS4同士、Switch同士でしかできない)

なおいずれの機種においても、1人につき対応機種とソフトがそれぞれ必要になります。
つまり1つのソフトで2人以上プレイすることはできません。

PS4の場合

インターネット接続環境、PlayStationNetwork、PlayStationPlus(有料)の準備が必要です。

Switchの場合

インターネットでプレイする場合、NintendoSwitchOnline(有料)への加入が必要です。

ローカル通信でもマルチプレイが可能で、その場合は無料となります。

引き継ぎ特典

いずれの機種でも前作からの引き継ぎ特典として、

  • 伝説のビルダーの帽子
  • 竜王の玉座のレシピ

がもらえます。


引き継ぎの条件は多少異なります。

PS4の場合

「伝説のビルダーの帽子」は、トロフィー「旅のはじまり」を入手していることが条件となります。

「竜王の玉座のレシピ」は、トロフィー「ラダトーム編クリア」を入手していることが条件となります。

それぞれのトロフィーを獲得した上で、PlayStationNetworkを利用することで、入手できます。

データの引き継ぎ対象機種は、PS4版、PS3版、PSVita版となります。

Switchの場合

「伝説のビルダーの帽子」は、第一章のメルキド編で、拠点に希望のはたを立てた後のセーブデータが必要です。

「竜王の玉座のレシピ」は、終章のラダトーム編をクリアした後のセーブデータが必要です。

データ引き継ぎの対象機種は、Switch版のみとなります。

特典

本作では早期購入特典や、店舗購入特典が用意されています。
PS4版とSwitch版において、特典の内容に違いはありません。

ゲーム内容

現時点でゲーム内容に違いがあるとの発表はありません。
すでに予約が始まっていることを考えると、PS4版とSwitch版においてオリジナル要素がある可能性は低いと思われます。

グラフィックや操作性については多少異なる可能性はありますが、そこまで高度なグラフィックが要求されるゲームではないので、それほど気にしなくてもよいかと思います。

おわりに

PS4とSwitchの両方を持っている人も多いかと思いますが、両バージョンに大きな違いはないので、お好みで選べばよいでしょう。

ただ友だちと集まってのマルチプレイを考えているのであれば、ローカル通信ができるSwitch版になるのかなとは思います。

私は安いPS4版を予約しました。

※画像は「ドラゴンクエストビルダーズ2公式サイト」より引用しています。

-ドラクエ

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.