ゲーム全般

テラバトルがラストアップデートを発表。事実上の終了へ。

投稿日:

一時期ハマったゲームが終了するのは、さみしいものですね。

ファイナルファンタジー生みの親、坂口博信さんが代表を務めるミストウォーカーのスマホゲーム、「テラバトル」の最終アップデートが発表されました。

サービス自体は継続するものの、バグ修正などのマイナーアップデートを除いては最後のアップデートということで、事実上の終了と言えそうです。

最終アップデートの内容は以下のとおりです。

  • エンディングクエスト追加
  • 協力プレイ(召喚獣クエスト)をシングルクエストに変更
  • マルチプレイ機能の停止
  • スペシャルコラボクエストの常設化
  • 期間限定スペシャルクエストの常設化
  • UIの変更 など

アップデート日は10月9日、10日です。

なお2018年に入ってからは、AndApp版(アプリをPCで楽しむポータル)が終了。
そして8月には、欧州各国でのサービス終了が発表されていました。

こうして振り返ってみると、サービス縮小の動きは着々と進めていたのですね。
続編としてリリースした「テラバトル2」が失敗に終わったのも、少なからず影響はあるでしょう。

テラバトルと私

テラバトルは2014年10月にサービスがスタートしました。
坂口さんがプロデュース、音楽に植松伸夫さんが入るなど、FF感漂う制作陣が注目されましたね。

ダウンロード数に応じて有名クリエイターが参戦するという仕組みも、ゲーム業界に強い影響力をもつ坂口さんならではの仕掛けでした。

当時パズドラをプレイしていた私は、パズドラっぽいユニットの動かし方に面白さを感じ、しばらく熱心にプレイしていました。
もちろんゲーム性は全然違いましたけどね。

もうやめてからずいぶん経ちますから、現状どうなっていたのか詳しくは分かりません。
でも4年間継続することができたことを思えば、十分に成功と言えるでしょう。

まだサービスは継続しますが、ひとまずはお疲れ様でしたと言いたいです。

-ゲーム全般

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.