ゲーム全般

桃鉄最新作がこの冬発売へ!開発が一時途絶える原因となったKONAMIとの確執とは・・・

投稿日:

9月1日の「Nintendo 3DS Direct 2016.9.1」にて、今後3DSで発売されるソフトが紹介されました。気になるものだらけで順に紹介していきたいと思うのですが、最も反響が大きかったのはこちらでしょう。

そう、桃鉄シリーズの最新作、「桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!」です。

桃鉄最新作は5年ぶり!

桃鉄の開発が途絶えていた理由

桃太郎電鉄シリーズは、1988年にハドソンで発売された人気ボードゲームです。カードとサイコロを駆使して全国を回って物件を買いあさり、ほかのプレイヤーを邪魔しながら最高の資産を目指すこのゲームは、多くの人々を熱中させました。

ハドソンとKONAMIの合併によりKONAMIに移る形となりましたが、2012年のモバイル向けゲーム「桃太郎電鉄TOKAI」以来リリースが途絶えていました。

その後、桃鉄シリーズ生みの親であるさくまあきら氏が、KONAMIとのトラブルを理由にシリーズ打ち切りを発表。この時期のKONAMIは「メタルギアソリッド」生みの親である小島秀夫氏に対するひどい扱いや、ソシャゲに傾倒していく姿勢が従来のファンから大きな反感を買っていた時期でもあり、桃鉄終了騒動は火に油を注ぐ形となりました。

当時話題になったので覚えていらっしゃる方も多いでしょう。良い子は「コナミ 石川」なんて検索しちゃダメだぞ!

任天堂に移って発売される理由は?

騒動当時、KONAMI側は桃鉄シリーズの終了を否定していましたが、その後、桃鉄は任天堂に移って開発を続けているという憶測が流れていました。そんな中でついに昨日、既報通り任天堂からリリースされることが明らかになったのです。
桃鉄シリーズの発売は、モバイルを含めると5年ぶり、コンシュマー版では2010年にDSで発売された「桃太郎電鉄WORLD」以来となります。
momotetu
開発が任天堂に移った理由としては、任天堂とハドソンのファミコン時代からの深い関係にあるでしょう。また、任天堂の子会社であるNDキューブに、ハドソン時代に「マリオパーティ」の開発を担当していたチームが移籍していることも後押ししたのかもしれません。

ちなみに、ハドソンがKONAMIの子会社となり消滅する過程で、多くの人材が流出しています。ハドソンの自由な気風がKONAMIのもとで失われたことに嫌気が差したと言われていますが、その中にはファミコン全盛自体を支えた高橋名人や、後に「パズル&ドラゴンズ」が未曾有の大ヒットとなる山本大介プロデューサーなども含まれます。

あの感動が帰ってくる!

桃鉄といえば、私が小学生のとき最も熱中したゲームであり、日本全国の地理を覚えて結果仕事に結びつけてくれた恩があります。その仕事はもうやめちゃいましたがねw

何はともあれ、あの心地良い寝不足がまた帰ってくるかと思うと、今から楽しみでしょうがないです!発売時期はこの冬ということで、期待して待ちましょう。

-ゲーム全般
-,

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.