switch

Nintendo Switchがセーブデータ引っ越しに対応!買い替え・買い足しでも安心

更新日:

任天堂は2019年4月16日、Nintendo Switchのバージョン8.0.0アップデートを実施しました。

Switch間でのセーブデータ移動や、HOME画面のソフト並び替えなどに対応しています。

Ver8.0.0アップデートの内容

HOME画面の「すべてのソフト」において、ソフトがタイトル順などで並び替えられるようになりました。「すべてのソフト」は、HOMEメニュー上にソフトが13個以上ある場合に表示されます。
過去に配信されたものも含め、配信中のすべてのゲームニュースを見ることができるようになりました。「ゲームニュース」→「Y チャンネル別に見る」→「もっと見る」の順に移動しましょう。ただし配信が終了しているものは除きます。
ユーザーに設定できるアイコンを追加しました。スプラトゥーン2から9種類、ヨッシークラフトワールドから6種類が追加されています。
「データ管理」からセーブデータの引っ越しができるようになりました。引っ越しをすると、元の本体からはセーブデータがなくなります。コピーできるわけではないのでその点は理解しておきましょう。
画面表示の拡大が可能になりました。「設定」→「本体」から設定できます。この設定をONにすると、コントローラーのHOMEボタンを2回押すと画面表示が拡大されます。
「スリープ」の設定に、「ACアダプターを抜き差ししたときにスリープ解除」の項目が追加されました。この設定をOFFにすると、Switch本体をドックから取り出しても、スリープが解除されません。バッテリーの節約になりそう。
「みまもり設定」でVRモードの視聴を制限できるようになりました。スマホアプリの「Nintendo みまもり Switch」対応は後日予定しているとのことです。
一部機能の名称が変更されました。「セーブデータのオンラインバックアップ」 → 「セーブデータお預かり」、「ユーザーとセーブデータの引っ越し」 → 「ユーザーの引っ越し」。機能に変更はありません。
その他問題点の修正。

【終わりに】便利機能が追加されました

ユーザーによっては便利に使えそうな機能が実装されましたね。特にデータ引っ越しに関しては、家族内で2台目3台目と購入する際に助かりそうです。

2019年内と噂されている新型Switchに備えた対応とみるのは、少し考えすぎでしょうか。

-switch
-,

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.