PS4

次世代機「PS5」について公式見解。2019年の発売はないことやスペックの一端が明らかに

更新日:

PlayStationシリーズの販売スパンを考えると、そろそろ出てもおかしくないと言われている「PlayStation5」(PS5)。

ネット上にはさまざまなうわさが飛び交っていますが、アメリカのメディア「WIRED」に、PS4の制作に関わったマーク・サーニー氏が見解を示しています。

なおこの記事はPlayStation公式Twitterもリツイートしており、会社としての見解と考えて間違いないでしょう。

2019年の発売はない

サーニー氏はインタビューの中で、「2019年に店頭に並ぶことはない」と語り、今年中の販売を否定しています。

一方ですでに開発者には開発キットを渡しているとも語っており、準備は着実に進んでいるようです。

ロード時間はかなり短くなりそう

スペック面に関しては、より強力なCPUとGPUを搭載し、これまでに達成できなかったグラフィックを提供できるとのこと。それに合わせてソフトのサイズも大きくなるため、より大きな物理ディスクが必要になるとのことです。

サウンドに関しては、上からも、後ろからも、横からも音が届くような体験を、外部のハードウェアを必要とせずに実現するとのことです。

またSSDを採用することで、「マーベル スパイダーマン」において15秒かかった処理が、PS5のデモ機では1秒未満に収まったそうです。

PS5でも物理メディアを採用すること(ディスクを入れてゲームを楽しめるということ)も示され、現物派としては一安心といったところでしょうか。

あわせてPS4との下位互換があることも示唆しています。

GoogleのSTADIAに絡み、クラウドゲームについても尋ねられていますが、この点についてはノーコメントでした。

【終わりに】PS5に期待高まる

このような形で公式見解が示されることには驚きました。2019年の発売は否定されましたが、かなり準備は進んでいる雰囲気であり、2020年は十分に可能性があるでしょう。

少なくともあと一年はPS4の時代が続きますし、また後方互換性もあるとのことですので、PS4のソフトを購入するのを躊躇する必要はないでしょう。

PS5でどのようなゲーム表現が可能になるのか、期待して見守りたいですね。ただそれに合わせて開発費が高騰し、本体やソフトの価格に跳ね返ってくる可能性があるのは微妙なところです。

英語に自信がある方は、「WIRED」の記事を直接ご覧ください。

【追記:2019年4月17日】
WIRED日本語版でも記事が公開されました。

-PS4
-

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.