switch

携帯モード特化の「Nintendo Switch Lite」発売が発表に。一回り小さく、一回りお安く!

投稿日:

任天堂は2019年7月10日、Nintendo Switchを携帯モードに特化したモデルである「Nintendo Switch Lite」の発売を発表しました。

携帯モードでのプレイが中心のプレイヤー、あるいは家庭内で2台目、3台目を保持したいプレイヤーを狙った新型Switch。その概要を紹介します。

基本情報

予約開始日・発売日

  • 予約開始:2019年8月30日
  • 発売:2019年9月20日

前にも予想しましたが、やはりポケモンの前にもってきましたね。

価格

19,800円(税別)

カラーバリエーション

  • イエロー
  • グレー
  • ターコイズ
  • ザシアン・ザマゼンタ(ポケモン剣盾限定モデル/11月1日発売)

スペック紹介

携帯モードに特化

現在発売されているモデル(以下オリジナル版)は、「テレビモード・テーブルモード・携帯モード」と、3つの遊び方ができることを大きな特徴としています。

新たに発売されるLiteは、携帯モードに特化したモデルとなります。画面部分とコントローラー部分が一体となっているため、ジョイコンは付属しません。

「Nintendo Switchドック」非対応のため、テレビでゲームを遊ぶことはできません。

外観

画面サイズは、オリジナル版(6.2インチ)よりやや小さい5.5インチ。画面解像度は、オリジナル版と同じ1280×720ピクセルです。

本体サイズは、オリジナル版の「縦102mm×横239mm×厚さ13.9mm(ジョイコン接続時)」に対し、Lite版は「縦91.1mm×横208mm×厚さ13.9mm」と、一回り小さいサイズとなっています。

重量はオリジナル版の約398g(ジョイコン接続時)に対し、Lite版は約275gです。

オリジナル版の携帯モードはやや大きいとの評価もありましたので、そのあたりの声に配慮したものとなっています。

一部非対応の作品も

ジョイコン特有の機能である、HD振動やモーションIRカメラは省かれています。そのため、それらの機能を使う作品では、一部の遊び方が制限されるものもあります。対象作品は以下の通りです。

  • マリオテニス エース
  • いっしょにチョキッと スニッパーズ
  • いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス

制限なく遊ぶためには、別にジョイコンを用意する必要があります。ただしLiteにはジョイコンを充電する機能がないため、別に充電する手段を用意する必要があります。

携帯モードに対応していない作品においても、以下の作品は同様の方法で楽しむことができます。

  • スーパーマリオパーティ
  • 1-2-Switch
  • Nintendo Labo(Toy-Con 01/02/03)

バッテリー

オリジナル版の約2.5~6.5時間(ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドなら約3時間)に対し、Lite版は約3.0~7.0時間(同ソフトで約4時間)です。

【終わりに】オリジナル版もスペックアップするらしい

「Nintendo Switch Lite」発売のお知らせでした。

ポケモン剣盾やどうぶつの森の発売を控え、このタイミングで携帯モード特化のSwitchを発売するのは、理にかなった戦略ですね。価格も安くなっていますし、かなり注目を集めるものとなりそうです。

そんな中、オリジナル版にもスペックアップの噂が。どうなることやら。

オリジナルのNintendo Switch、プロセッサなどが変更される可能性浮上(AUTOMATON)

-switch
-

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.