【あつ森】カブの入手方法や使い方。2週分のカブ価推移も掲載

2020年4月21日

「あつまれ どうぶつの森」の、私の島でのカブ価推移をメモるだけの記事です。

カブ価は午前と午後で変動しますので、可能な限りメモっていきます。時間操作はしていません。

カブとは

カブは、野菜のカブです。日曜日の午前中だけ、島に来るウリボウの「ウリ」から購入することができます。

野菜のカブなのですが、日毎、午前と午後で売値が変動しますので、実質的には売買する「株」と変わりません。

日曜日には枯れてしまい、1スタックで100ベルと価格が暴落します。ですので、土曜の午後までに売りさばく必要があります。

カブは収納することができませんので、家の中、あるいは適当な広場に置いておき、荷物が圧迫されないようにします。

オンラインでプレイヤーを迎え入れる場合、家に置くか、持っていかれないように柵などで囲っておくのが定番です。

カブを食べるとフルーツのようにスタミナがつき、木を掘り起こしたり岩を壊したりすることができます。

10個まとめて食べられるメリットがあるといえばありますが、あまりにコストが高いため、ベルがあり余っている人以外はおすすめしません。

カブ価変動(4月5日の週)

4月5日(購入日):105ベル
4月6日午前:100ベル(-5)
4月6日午後:131ベル(+26)
4月7日午前:148ベル(+43)
4月7日午後:183ベル(+78)
4月8日午前:141ベル(+36)
4月8日午後:82ベル(-23)
4月9日午前:74ベル(-31)
4月9日午後:74ベル(-31)
4月10日午前:70ベル(-35)
4月10日午後:66ベル(-39)
4月11日午前:62ベル(-43)
4月11日午後:59ベル(-46)

購入:620×105
売却:620×59
損益:620×(59-105)=-28520ベル

感想と対策

火曜日の午後に最高値。週後半まで粘ったものの売りどきがなく、結局最終日に最も安い価格で手放す羽目になりました。

価格推移のパターンはいくつかあるようですが、それを完全に予測することは難しそうです。

まとめて売ることばかりを考えるのではなく、利益が出る段階で少しづつ売却し、収支を安定させるのもひとつの考え方でしょう。

釣り大会で得た資金を元手に、来週はより多くのカブを購入したいと思います。

カブ価変動(4月12日の週)

4月12日(購入日):98ベル
4月13日午前:84ベル(-14)
4月13日午後:80ベル(-18)
4月14日午前:76ベル(-22)
4月14日午後:71ベル(-27)
4月15日午前:66ベル(-32)
4月15日午後:130ベル(+32)
4月16日午前:147ベル(+49)
4月16日午後:494ベル(+396)
4月17日午前:177ベル(+79)
4月17日午後:103ベル(+5)
4月18日午前:56ベル(-42)
4月18日午後:81ベル(-17)

購入:2180×98ベル=213640ベル
売却:2180×494=1076920ベル
損益:2180×(494-98)=863280

感想と対策

週前半はマイナス続きのスタートも、15日午後にようやくプラス。そして16日午後に急騰し、そのタイミングですべて売りました。急騰パターンが来たのはラッキーでしたね。

急騰パターンが毎週来るわけではありませんので、欲張りすぎない気持ちも忘れないようにしたいと思います。

終わりに

連続更新はひとまずここまでですが、カブ価のチェックは今後も続けていきます。

家の拡張にはまだまだお金(ベル)が必要ですし、橋をかけたり坂を作ったり家具を買ったりもしなきゃいけませんので、今後もカブを有効に活用して稼いでいきたいと思います。