今週のあつ森(8月2日号)~今年はあつ森で花火を~

夏のアップデート第二弾が実装!

7月30日、海水浴などに続く夏のアップデート第二弾が行われました。

今回の目玉は花火大会!8月の毎週日曜日の夜、花火大会が開催され島に花火が打ち上げられます。花火はマイデザイン対応!!

引用:任天堂トピックス

さらにはつねきちの出店でくじを引けるとのこと(副業かな?)

投稿のタイミングがちょうど日曜日のため感想をお伝えすることができないのですが、きっと楽しい要素なんだろうなと今からワクワクしています。

そしてもう一つ、ベッドで寝ると夢の中で誰かの島を訪問できる機能も追加されました。過去作にも似たような機能があったようですね。

あくまで夢の中ですので、島に手を加えることはできないのが大きなポイント。

自分の島を「夢番地」として公開できるそうですので、「誰かに見てもらいたいけどオンラインで不特定多数を招くのは怖い」というプレイヤーはぜひ利用してみてください。

私のように島改造が迷走しているプレイヤーにとっては、島づくりの参考になりそうです。

秋にはハロウィンを思わせるアップデートも実施予定とのことですので、今後も長く楽しませてくれそうです。(イースターの過ちを繰り返してはならない。)

気楽な月末

あつ森では月ごとに出現する虫や魚が変わります。月末のたびに焦っているプレイヤーも多いのではないでしょうか。

しかし7月はかなり気楽で、いなくなるのはオタマジャクシとミツバチという、特に捕まえるのが難しくない生き物だけ。おかげさまで、余裕を持って月をまたぐことができました。

私はあつ森のよさを、「適度な束縛」だと思っています。どうしてもやらなければいけないという要素はないに等しいのですが、生き物集めであったり、マイル集めであったり、ついやっておきたくなる要素を用意しているんですよね。

島改造にとことんこだわる人もいれば、生き物集めに精を出す人もいて、住民の厳選に必死になる人もいる。それぞれの楽しみ方が許されるあつ森のゲームデザインは、お見事というより他に言葉が見つかりません。

さて、8月はカブトムシやクワガタが一斉におさらば。価格が高いこともあり積極的に捕まえてはいるものの、なんせ種類が多いので見落としもあることでしょう。

場合によっては無人島めぐりも必要となるかもしれません。忙しい夏になりそうです。