いろいろ

2017交流戦スタート!過去の優勝チームや今年のロッテポスター情報などまとめ

投稿日:

セ・リーグ各球団にとってはろくな思い出がない交流戦ですが、今年もそんな季節がやってきましたよ。

火曜日からの交流戦を前に、データや視聴方法をまとめてみました。おまけもあるよ。

交流戦とは

普段はセ・リーグとパ・リーグに分かれて戦う12球団が、違うリーグの球団と戦うのが交流戦です。
レギュラーシーズンの成績にも反映されるため、勝敗の関係ないオールスターにはない魅力を感じることができます。

交流戦がスタートしたのは2005年。
当初は1チーム当たり36試合で開催されていました。
ただしこの試合数には「交流戦の影響が大きすぎる」という批判もあり、
2007年からは24試合、2015年からは18試合と削減されています。

過去の優勝チームは?

歴代の優勝チームを振り返ってみましょう。

2005年:千葉ロッテマリーンズ
2006年:千葉ロッテマリーンズ
2007年:北海道日本ハムファイターズ
2008年:福岡ソフトバンクホークス
2009年:福岡ソフトバンクホークス
2010年:オリックス・バファローズ
2011年:福岡ソフトバンクホークス
2012年:読売ジャイアンツ
2013年:福岡ソフトバンクホークス
2014年:読売ジャイアンツ
2015年:福岡ソフトバンクホークス
2016年:福岡ソフトバンクホークス
2017年:?

改めてすごいですね。パ・リーグの占拠率は・・・
中でもソフトバンクの強さが際立ちます。

こちらのサイトでは、より詳細なデータも掲載されています。

【NPB】交流戦成績・順位一覧(my favorite giants)

なんと、セ・リーグで勝ち越しているのは巨人と中日の2球団のみとのこと。
今年も「セ界恐慌」が訪れてしまうのでしょうか・・・

【注】セ界恐慌

2015年の交流戦において、それまで上位を走っていたセ・リーグチームが大きく負け越し。
その結果、7月3日にはセ・リーグの全チームの貯金がなくなるという、前代未聞の事態が発生しました。

セ・リーグが交流戦に弱すぎること、そして近年の団子状態がこの珍現象を生み出してしまいました。

ロッテの挑発ポスターは?

もはや交流戦の恒例行事となっている、ロッテによるセ・リーグ各球団の挑発ポスター。
今年はチームの低迷もあり存続が危ぶまれていましたが、無事に実施が決定しています。

煽ってる場合じゃないだろ・・・と思わなくもないですが、楽しみなのでやってくれるのはうれしい限りです。
ちなみに、2016年のポスターはこちらの記事でどうぞ。

ロッテ挑発ポスター!今年はガンダム風/写真特集(日刊スポーツ)

2017年版の発表は5月30日(火)だそうです。判明次第紹介しますね。

【おわりに】交流戦の行方は

交流戦になると、表向きは同リーグの球団を応援しつつも、実は「うちだけ勝って後は負けてくれ」と思うのがファン心理というもの。

どうなるかは分かりませんが、私自身は「なんとか5割で乗り切ってくれ」と思わずにはいられません。

-いろいろ
-

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.