ポケモン

ポケモンSwitch(仮称)について判明していることまとめ。オープンワールドは予想レベルの話。

更新日:

まだまだ先の話ですが。

ピカブイの次はどうなる?

2018年11月に「ポケットモンスターLet'sGO ピカチュウ・イーブイ」(ピカブイ)が発売されました。

この作品は「ポケットモンスターピカチュウ」をベースに、ポケモンGOとの連動などの要素を取り入れています。

一方でオンライン機能は限定的でレートバトルもなく、これまでのシリーズの流れにつながるものかと言われると、ちょっと別路線にあるものでしょう。

ピカブイ発売の一方で、ポケモンシリーズの完全新作は、別に制作されていることがすでに明らかになっています。

2019年後半にSwitchで発売

こちらはピカブイ発表時の動画ですが、こちらではその次の作品に関する情報も発表されています。

と言っても、2019年後半にSwitchで発売するというだけのことですが。

現時点でこれ以上の情報はありません。

ポケモンシリーズはこれまで携帯ゲーム機で発売されてきて、ピカブイでは「Switchを使えばこんな表現もできる」というところを見せてくれました。

ピカブイの要素を完全新作に取り込むとどうなるのか、想像するだけで楽しみですね。

オープンワールド化の予想あり

これは完全に噂、妄想のレベルであることを最初に確認しておきますが、オープンワールド化するのではないかとの予想もあります。

オープンワールドとは、フィールドを自由に歩き回れるゲームのこと。

「ゼルダの伝説ブレスオブワイルド」をイメージすると良いかと思います。

ゼルダのオープンワールドが好評であったことに加え、「スーパーマリオオデッセイ」ではオープンワールドとまではいかなくても、かなり自由度の高いフィールド構成が多くのプレイヤーを楽しませました。

日本の作品は海外のゲームと比べると自由度が低いというのはずっと言われてきたことなのですが、近年の傾向を見ると必ずしもそうとは言い切れなくなっています。

そうした流れの中で、ポケモンのオープンワールドを待望する声が上がっているのです。

一方でオープンワールド化するのであれば、ゲームシステムの大幅な見直しが必要になるでしょう。

コマンド式のバトルをどうするのか、一本道のストーリー構成をどうするのか。

自由度を高めすぎて、遊びやすさが損なわれては意味がないですからね。

長年親しまれてきた形があるだけに、大きな変更も容易ではありません。

終わりに

ポケモンSwitch(仮称)について、現時点で分かっていることをまとめました。

発売を11月頃と仮定すると、情報が出始めるのは2019年の春あたりかなと思うので、それまで楽しみにしたいですね。

【追記:2019年2月27日】オープンワールドではない模様

最新作「ポケットモンスターソード/シールド」が発表されました。映像も公開されていますが、オープンワールドではないようです。

-ポケモン
-,

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.