ゲーム全般

「ハリー・ポッター:魔法同盟」の日本語版第1弾トレーラーが公開。ついに事前登録もスタート!

更新日:

Ingress、ポケモンGOでおなじみのNianticの最新作、「ハリー・ポッター:魔法同盟」の日本語版第1弾トレーラーが公開されました。

2019年リリース予定と発表されている本作の事前登録も始まっていますので、合わせて紹介します。

短いトレーラーが公開

動画はこちらです。

こっそり魔法を使う少女が描かれているこちらの動画。ゲーム内容について推測できる情報はほとんど含まれていません。

公式サイトには、「魔法界の存在がマグルに知られないようにする」とあります。マグルとはハリーポッターの世界において、人間の世界を指す言葉です。

なんらかの原因で現実世界に魔法の形跡が出現しているので、それに対処する的なことのようです。

位置情報を活用することを考えると、特定のスポットに出現する「魔法の形跡」を、プレイヤーで力を合わせてなんとかするというゲーム内容が想像されます。

ポケモンGOにおけるレイドバトルのような仕組みでしょうか。とはいえそこで戦闘が発生するのかなどは不明ですので、今後の情報を待ちたいところです。

事前登録がスタート


引用:ハリー・ポッター:魔法同盟公式サイト

公式サイトでは事前登録が始まっています。生年月日とメールアドレスを入力するだけの仕様になっています。事前登録報酬などはなさそうです。

合わせて公式ツイッターFacebookInstagramも開設されています。気になる方はチェックしておきましょう。

【終わりに】今後の情報に期待

事前登録がスタートし、いよいよという雰囲気が出てきましたね。

ポケモンGOの場合は、もともとのゲームと似たような体験がゲーム内で実現できたため、プレイヤーにすっと受け入れられました。

ハリーポッターも超メジャー作品ですが、今のところどう融合していくのかイメージしづらい感じはあります。

もっとも、現時点で公開されている情報はごく一部です。これから公開される情報で、我々をワクワクさせてくれることに期待しましょう。

created by Rinker
¥199 (2019/07/16 03:30:28時点 Amazon調べ-詳細)

【追記:2019年3月11日】メディア体験会でゲーム内容を公開!

本日メディア向けの体験会が行われたようで、4gamerさんで記事が上がっていました。

記事を読んだ印象としては、ポケモンGOよりRPG感が強いのかなと思います。

その分ゲームシステムがやや複雑であり、カジュアルユーザーを取り込めるかという懸念はあります。

あと魔物のグラフィックなんかを見ると、やっぱり欧米の作品だよなあと思いました。

少なくとも日本において、ポケモンGOの存在が脅かされる心配は、ほとんどない気がします。

日本で流行るとしても、違うプレイヤー層になるんじゃないでしょうか。

詳しく考察記事を書いてみました。お時間がある時にどうぞ。

-ゲーム全般
-

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.