ゲーム全般

オープンワールド工場づくりゲーム「Satisfactory」が面白そう。2019年3月19日にアーリーアクセス版がリリース!

更新日:

私が今密かに期待しているゲームが、PC向けの「Satisfactory」です。

「なんじゃそりゃ、聞いたことないぞ」という人が大半だと思うのですが、とにかく面白そうなんです。

どんな作品なのか、少ない情報からまとめていこうと思います。

ゴートシミュレーターの会社の最新作

ゴートシミュレーター
引用:GoatSimulator販売サイト(STEAM)

Satisfactoryを制作しているのは、Coffee Stainというゲーム会社です。

あまり聞き馴染みはないかもしれませんが、あの迷作「Goat Simulator」の会社といえば、分かっていただける人も多いんじゃないかと思います。

言葉で説明するのは難しいぶっとんだヤギゲーは、多くの人に衝撃を与えました。「ヤギシミュレーター」と言いながら、なにをシミュレーションしているのか分からない謎さ加減も楽しい作品でした。

そんなCoffee Stainからリリースされる新作ということで、「バカゲー」なのかなと思っていたら、これが意外に本格的だったのです。

Satisfactoryはこんなゲーム

Satisfactory工場
引用:Satisfactory販売ページ(Epic Gamesストア)

Satisfactoryは直訳すると、「満足できる」などとなります。これだけでは意味不明ですが、タイトルに潜む「factory」の言葉が鍵を握ります。

つまりこのゲームは、工場づくりに焦点を当てたゲームなのです。特徴をざっくりと紹介します。

Satisfactoryは一人称視点オープンワールドです。最大4人までのマルチプレイに対応しています。

プレイヤーはとある惑星を開拓し、立派な工場を作ることを目的としています。探索や戦闘で資源を集める要素もありますが、基本は工場づくりです。

ゲームの序盤では、簡単な工場しか作ることができません。実際の工業の発展の過程と同じく、手作業に頼る部分が多くなります。

資源を集めたり、技術レベルを上げたりしていくことで、より高度な工場、高度な製品を作れるようになります。いかに自動化して楽するか、それを考えるのがプレイヤーの仕事です。

施設やラインの配置や電力の使い方など、考えることはたくさんあります。地形によっても最適な工場づくりの方法は変わってくることでしょう。


引用:Satisfactory販売ページ(Epic Gamesストア)

Satisfactoryはグラフィックのレベルも高いので、いかにして風景にマッチした工場地帯を作り上げるかも凝っていきたいところ。

最近では工場の夜景が人気になっていますが、そういうのも再現できたら楽しそうですね。公式の紹介動画もありますので、ぜひ一度ご覧ください。言葉で説明するよりも、何倍も魅力が伝わります。

2019年3月19日にアーリーアクセスがスタート

Satisfactoryは2019年3月19日から、Epic Gamesストアで配信が始まります。価格は3,380円(税込)です。

なお現時点では「アーリーアクセス版」となっています。つまり実際にゲームをプレイしてもらいながら、要素を追加したり、不具合を修正したりする段階です。

完成版ではないのですが、いち早く遊んでみたいという方は、チェックしておくとよいでしょう。正式リリースには最低でも1年かかるようです。

また現時点では日本語に対応していません。ただし言語設定に日本語の項目が用意されていますので、早い段階で対応する可能性が高いでしょう。

【追記:2019年3月17日】必須環境

Satisfactoryの必須環境を紹介します。現状ではmac対応はないようです。

なおアーリーアクセスの段階のため、こちらの条件は変更になる可能性があるとのことです。

OS Windows 7またはそれ以降(64-Bit)
プロセッサ i5-3570k 3.4 GHz 4 Core(64-Bit)
メモリ 12 GB RAM
グラフィック GTX 760 2GB
ネットワーク ブロードバンドインターネット接続
ストレージ 20 GBの空き容量

【終わりに】日本語対応したらすぐに遊びたい

Satisfactoryの紹介でした。

リリース前ということもあり全体像が見えていないのですが、こういう雰囲気にワクワクを感じる方は多いのではないでしょうか。

オープンワールドでものづくりというと「マインクラフト」が思い浮かびます。しかしSatisfactoryは、マイクラとはまったく異なるゲーム性がありそうです。

英語は苦手なので、早期の日本語対応を期待したいところです。英語でもいい方はいち早くどうぞ!

【追記:2019年3月20日】日本語対応を確認!

Satisfactoryのアーリーアクセスがスタートしました。こちらの記事によると。不十分な点はあるものの、日本語に対応しているようです!

『Satisfactory』早期アクセス配信開始。惑星で工業化を進めていく、“3D Factorio”な一人称視点オープンワールド(AUTOMATON)

私も時間を見つけてプレイしたいと思います。楽しみ!

-ゲーム全般
-,

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.