今週話しておきたいゲームのこと(2020年1月25日号)。リングフィットアドベンチャー、ミニ四駆、PS5

一本の記事にするほどでもないですが、今話しておきたいゲームの話題をまとめました。

不定期連載で、今回は2回目です。

リングフィットアドベンチャー買えました


引用:リングフィットアドベンチャー公式サイト(任天堂)

依然として品薄状態が続くNintendo Switch用ソフト「リングフィットアドベンチャー」。

私も購入のタイミングをうかがっていたのですが、ついに24日にAmazonで購入することができました。もちろん正規価格で。

執筆時点では到着していませんが、これで筋肉をゴリゴリ鍛えたいですね。

なおリングフィットアドベンチャーの入荷に関しては、徐々に供給が追いついてきた感じはあります。

おそらく転売屋から買わずとも、正規価格で購入するチャンスは増えてくるのではないでしょうか。

【関連記事】

ソシャゲ続けられない問題

ミニ四駆レース

先週の雑記でも取り上げたスマホアプリ「ミニ四駆 超速グランプリ」。4日くらいはプレイを続けたのですが、今週はもうプレイしていません。

ストーリーを進めると必ず行き詰まるポイントが出てきて、そのたびにセッティングを見直して勝負を挑むのが本作の進め方。

ただしセッティングがベストであっても、パーツのレアリティが低いとステータスは満足に上がらず、レースに勝つことはできません。

課金ガチャを引かない場合、レアリティの低いパーツをショップで購入するなどして手に入れ、それをレアリティアップして強化していく作業が必要となります。

レアリティアップの素材は、メインクエストの特定キャラクターとのレースを繰り返して手に入れます。ただしその入手はランダムであり、★1から★2に上げる作業すらかなりの時間がかかります。

レースはスキップして結果だけ確認できますから、作業自体はそこまで面倒ではないのですが、とにかく同じことの繰り返し。

以前はゲーム性が良ければ周回作業もそれほど苦痛ではなかったのですが(パズドラのメタドラ周回とか)、最近はもう無理ですね。歳のせいでしょうか。

PS5の自称リークが相次ぐ

2020年末の発売が予定されているPlayStation5。

現時点で正確な発売日や価格について、公式な発表はありませんが、新ハードの宿命としてさまざまな「リークと称する」情報がネット上に出回っています。

具体的に書いているものは信じてしまいがちですが、それらの多くは「それっぽく見えるようにまとめた」ものに過ぎません。

公式発表以外は気にする必要がないですし、それをもって性能や価格について議論することはしたくないなというのが私の思いです。

ぶっちゃけた話、リーク情報はPVを稼げるので多くのメディアが飛びつくんですけどね。

なおこちらの記事は、SIE社長の発言をもとにしていますので、それなりの根拠があります。

【関連記事】

今回は日本も欧米と同時発売になる可能性が高いとはいえ、作品のラインナップはおそらく、欧米のタイトルが中心になるんだろうなとは思います。

というわけで、私自身が発売日に合わせて購入するかは未定です。