カジュアルさの中に本格的な雰囲気も感じさせる経営シミュレーションゲーム「Good Company」。4月1日にアーリーアクセスで登場(日本語対応)

「シミュレーション」「自動化」というワードに目がない私ですが、そんな私の欲求を満たしてくれそうな作品がまもなく登場します。

Chasing Carrotsは、ロボット製造業の帝国の創設をテーマにしたという経営シミュレーションゲーム「Good Company」のアーリーアクセスを、2020年4月1日に開始すると発表しました。

対応プラットフォームはSteam/GOGで、価格は2,570円。4月1日の発売までは、10%安い2,313円で購入することができます。

インターフェイスは日本語に対応しています。

Good Companyとは

Good Companyは、タイクーンタイプの経営シミュレーションゲームとのこと。

タイクーンは経営シミュレーションゲームによく含まれる言葉で、特に有名なのは「ZOO Tycoon」あたりでしょうか。

語源は日本語の「大君」だそうで、「経営者目線でプレイするシミュレーションゲーム」と、私は理解しています。

Good Companyでは、プレイヤーはロボット製造業の帝国のCEOとなり、その帝国の建築や自動化、最適化に取り組みます。

小さなガレージで会社を立ち上げ(どこかで聞いたことのある設定ですね)、市場を席巻するような新テクノロジーを発明します。

製作する商品には、かなり細かなパラメーターが設定されているようです。これもおそらく、会社の発展とともに優れた商品が作れるようになっていくのでしょう。

引用:「Good Company」 Steam販売サイト

従業員を雇うことで、あらゆる工程を任せることができます。さまざまな手段を駆使してビジネスを自動化し、会社を成功へを導きましょう。

新しい研究をしてテクノロジーを習得し、新しい施設や設備を導入します。いずれも予算の成約がありますので、ビジネスと研究のバランスは常に考慮する必要があるでしょう。

引用:「Good Company」 Steam販売サイト

一定のミッションが与えられるキャンペーンモードのほか、フリープレイモードも用意されています。

アーリーアクセス期間中のアップデートにより、マルチプレイやコンテンツの追加、MODへの対応が行われる予定とのことです。

必要スペック

Good Companyをプレイするために必要なPCスペックは以下の通りです。

OS Windows 7 / 8 / 10
プロセッサー Intel Core i3
メモリー 4 GB RAM
グラフィック nVidia GTX 560, AMD Radeon HD 6970
DirectX Version 9.0c
ストレージ 1 GB 利用可能
サウンドカード  Windows compatible

【終わりに】カイロソフト好きなら楽しめそうな予感

Good Companyの紹介でした。

人がちょこまか動いたり、どこかで見たことあるような商品が登場したりする様子は、どことなくカイロソフトのゲームっぽい雰囲気があるなと思いました。

プレイ前のため詳細な部分は分かりませんが、私とプレイするゲームの傾向が似ている方であれば、それなりに楽しめそうな予感はします。