【パワプロ2020】搭載モードの全容が明らかに。最後に発表されたのは「東京2020オリンピック」

2020年7月7日

2020年7月9日発売のNintendo Switch/PS4ソフト「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」。

本作に搭載されるモードがすべて発表されましたので紹介します。(【追記7月7日】すべてのモードが公開されたことに伴い、予想部分は削除しました。)

発表モード一覧

  • サクセス
  • パワフェス
  • 栄冠ナイン
  • ペナント
  • マイライフ
  • パワアリーナ
  • LIVEシナリオ
  • 東京2020オリンピック
  • チャンピオンシップ
  • 対戦
  • ホームランアタック
  • 大会
  • 練習
  • パワプロショップ
  • LIVEパワプロ
  • アレンジ
  • 選手データ
  • 新球種開発
  • データあれこれ
  • パワプロ辞典
  • 応援曲作成

【追記:6月18日】大会モードが公開

未発表だった3つのモードのうち、「大会」モードが公開になりました。

リーグやトーナメントなどの形式や試合ルールを設定し、オリジナルの大会を開催できます。

プロ野球12球団のほか、ナショナルチームやオリジナルチームから、最大8チームがエントリー可能です。

【追記:6月25日】パワアリーナモードが公開

各モードのプレイ内容をランキングで競うオンライン競技イベント。参加報酬の他、上位入賞で豪華報酬がもらえるとのこと。

前作におけるチャレンジモードのパワーアップ版といった感じです。

引用:「eBASEBALL パワフルプロ野球2020」公式サイト

【追記:7月7日】東京2020オリンピックモードが公開

日本代表として東京2020オリンピックの金メダルを目指すモードです。

本作の第一報となった「Nintendo Direct mini」では存在が明らかになっていたものの、その後はなぜか触れられていなかった本モード。オリンピックの開催が1年延期になったことも関係しているのでしょうか。

最初の試合会場である「福島県営あづま球場」や、決勝戦の会場である「横浜スタジアム」も収録。それぞれの球場では、オリンピックの公式装飾がなされています。

日本代表と戦う5チームを、9カ国の代表チームから自由に選択することができます。(おまかせも可)アレンジで作成したナショナルチームを参加させることもできます。

チーム全員を操作して戦う「チームチャレンジ」と、各プレイヤーが1人ずつを担当して操作する「選手チャレンジ」の2種類を用意。いずれも最大4人で協力して挑戦できます。

引用:「eBASEBALL パワフルプロ野球2020」公式サイト

購入・予約はこちら

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント
¥4,527 (2020/12/04 21:00:11時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント
¥5,436 (2020/12/04 21:00:10時点 Amazon調べ-詳細)