【クラフトピア】できることが多すぎて心配になるオープンワールドサバイバルアクションゲームが発表に

インディーゲームのLIVE発表会「Indie Live Expo 2020」において、オープンワールドサバイバルアクションゲーム「クラフトピア」が発表されました。

プラットフォームはPC(Steam)で、価格は2,570円(税込)。2020年7月にアーリーアクセス形式でリリースされます。日本のゲーム会社の制作ですので、もちろん日本語対応です。

このゲームの情報を目にしたときの私の感想は、「本当にこれを実現できたらとんでもないゲームになるな」ということ。それくらい理想が高いゲームなんですよね。

魅力的な要素をどう共存させるのか、さまざまな困難を乗り越えてできた「理想郷」だという本作について紹介します。

農業して自動化してハクスラ

まずは、クラフトピアでできることを列挙します。

  • 農業
  • 自動化された工場
  • ダンジョンでハクスラ
  • 釣り
  • ホバーボードで移動
  • 動物を捕獲・繁殖

「最近のゲームで受けが良い要素を全部詰め込みました」といった感じなのです。すごいと思いませんか?

それぞれの要素について、もう少し詳しく見ていきましょう。

農業

20種類以上の作物を育てることができます。手作りで育てることはもちろんのこと、農業機械を駆使して大規模なプランテーションを作ることもできます。


引用:Craftopia / クラフトピア(Steam)

工業

すべての採集活動を自動化することができます。木を切ったり、鉱石を掘ったりといった要素ですね。ベルトコンベアを使って、新しい工場の建設も可能です。

牛が鍋にドボドボと投入される画像は、本作でおそらく最もインパクトのあるスクリーンショットでしょう。


引用:Craftopia / クラフトピア(Steam)

ペット

モンスター・プリズムと呼ばれる不思議なボールを敵に投げつけると、捕まえてペットにすることができます。ポケモンかな?


引用:Craftopia / クラフトピア(Steam)

ダンジョン

近くにダンジョンがあると、探知機が反応します。ダンジョンは毎回形が変わる不思議なダンジョンで、奥には凶悪なボスがあなたを待ち受けています。たくさんの財宝を持ち帰りましょう。


引用:Craftopia / クラフトピア(Steam)

釣り

魚を釣って食べたり、装備を作ったり。船を作って大海原でクジラを捕まえることもできます。

乗り物

ホバーボードやバイク、ヘリ、自動車、気球。ありとあらゆる乗り物が登場します。

本作はマルチプレイも可能。パーティ全員が乗れる乗り物もあるようです。

スキルツリー

100以上のスキルの中から好きなものを選び、自分だけのキャラクターを作ることができます。

生産、バトル、自動化など、プレイスタイルに合わせたスキルが用意されています。

最低スペック

OS Windows 7 SP1+
プロセッサー 1.7 GHz
メモリー 4 GB RAM
グラフィック VRAM 2GB
DirectX Version 11
ストレージ 4 GB 利用可能

【終わりに】期待7割、不安3割

クラフトピアの紹介でした。

「本当にこれを実現できたらとんでもないゲームになるな」という冒頭のセリフ、理解していただけたでしょうか。

そうは言いながらも、それぞれを高いクオリティで両立できているのかという不安は、少なからず残されています。

気になる全貌が明らかになるのは、そう遠い時期ではありません。

Craftopia / クラフトピア(Steam)