【パワプロ2020】試合周りの変更点まとめ。失投はより失投らしくなり、魔球ではなくなるかも

2020年7月9日発売のNintendo Switch/PS4ソフト「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」。

本記事では、各モードのベースとなる試合の変更点を紹介します。

打撃

打撃では、ミートが少し強化されています。ミートカーソルは最小のサイズが小さくなり、ミートの大小の差を感じやすくなります。

打球にスライス(逃げていくように曲がる軌道)がかかるようになり、外野守備の難易度が増します。

投球

遅い系の変化球(カーブ、スローカーブ、チェンジアップ)は少し重くなります。

失投は棒球のようにスッーと入ってくるようになり、元の球種が表示されるようになります。体験してみないと分かりませんが、失投という名の魔球はなくなるかもしれません。

引用:「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」公式サイト

新球種として、シンキングツーシームとパワーカーブが追加されます。シンキングツーシームは、西武のニール投手のようなイメージとのこと。

実在選手では、パワーカーブが10人前後、シンキングツーシームが5~6人についています。シンキングツーシームはシュートの枠なんですね。

引用:「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」公式サイト

実在選手の超特殊能力を解禁

これまで現役選手に超特殊能力がつくことはありませんでしたが、今作から解禁されます。

唯一ついているのが、西武の中村選手(おかわりくん)の「恐怖の満塁男」です。

引用:「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」公式サイト

表示

ペナントやマイライフの試合中に、右上にテロップが表示されるようになります。将来的(次回作かアップデートかは不明)には、試合の状況に応じてどんどん変化していく形にしたいとのことです。

引用:「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」公式サイト

ペナントやマイライフの高速試合では、成績も表示されるようになります。

引用:「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」公式サイト

2019年発売のSwitch版に引き続き、選手に紹介文がつきます。2020年仕様に変更されている他、OB選手にも現役時代の紹介がついています。選手データの能力詳細からも見ることができます。

引用:「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」公式サイト

ボールを打ったときの「ガツーン」などの表示や走塁時のダッシュ、守備の操作ガイドなども入ります。これらは設定で非表示にすることも可能です。

引用:「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」公式サイト

購入・予約はこちら

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント
¥6,157 (2020/07/04 13:14:44時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント
¥7,182 (2020/07/04 13:14:45時点 Amazon調べ-詳細)