今週話しておきたいゲームのこと(2020年7月11日号)~天気に左右される日々~

一週間で気になったゲームニュースと、それ以外で日々私が感じていることを書き連ねていく連載コーナーです。

今週はとにかく、雨の多い一週間でした。どうぞ皆様、命あることを最優先に行動しましょう。

祝!パワプロ2020発売

7月9日、「eBASEBALL パワフルプロ野球2020」が発売されました。当ブログはしばらくパワプロネタで埋め尽くされることになると思いますが、それでもあふれるこの思いが、このコーナーにまで進出してしまいました。

ちょっとした攻略ネタやアップデート情報などを提供していければと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

まだ購入していない方は、とりあえずこちらの記事をご覧ください。

今回私が購入したのはSwitch版です。操作感は多少不安が残るものの、じきに慣れることでしょう。それよりも、好きな場所でプレイできるメリットが圧倒的に上回りました。

次回作が発売されるまでのおよそ2年間、しっかり楽しめる仕上がりになっていることを期待しましょう。

位置情報ゲームならでは

位置情報スマホゲーム「ドラゴンクエストウォーク」で開催されていた砂漠イベントが終了しました。

イベント終盤は雨が多く、私の住んでいる地域でもかなりの量が降りました。いつものイベントと比べると達成度はいまいちだったのですが、身を守ることが優先ですので仕方がありませんね。

ヘルコンドルは近々再登場するとのことですので、そこでなんとかSランクのこころをゲットしたいと思います。ちなみにスナノドラゴンは、普通にSランクがドロップしました。

ポケモンGOでもそうなんですが、リアルな状況に左右されるのが位置情報ゲームのメリットでありデメリットでもあります。不便なところもありますが、こういう仕様だからこそ熱中できている部分はあると思います。

ガチャベースのソシャゲに魅力を感じなくなって久しい私にとって、スマホゲームをプレイする数少ない動機かもしれません。

【今週のコラム】いじり文化に切り込んだEXIT兼近さんがかっこいい

最近バライティ番組をほとんど見ないので、新しい芸能人の方にはあまり詳しくはありません。そんな私でも知っているくらいですから、EXITはすごく勢いに乗っているコンビなのでしょう。

確かチャラさを売りにされていたと思うのですが、この記事に書いてある内容からは、その欠片もない知性を感じさせてくれました。

「ブスいじりとかは、やっぱり廃れていっちゃう」EXIT兼近さんと藤原しおりさんが語った若者の変化と、世界の未来のためにできること(HUFF POST)

いわゆる「容姿いじり」は、特にバライティの世界において定番の笑いとなっています。

しかしそういった笑いに嫌悪感を覚える人は確実に増えていて、プロである彼もそれを実感していることを初めて知りました。

若い世代に影響力のある人達がこうやって発信していくことで、一般社会においても「いじり」という名の言葉の暴力が消えてくれればいいと、切に願います。

それ以外にも、経済格差による教育機会の差について言及した部分は、かつてそれを経験した身として、あるいは教育現場に身を置いたことがある者として、深くうなずきながら読ませていただきました。

彼を単にちゃらい芸風の人と理解するのは、非常にもったいないと感じました。これを言うと営業妨害かもしれないですけど…