【ドラクエウォーク】スペシャルメガモンスターの地域格差がひどすぎるので改善案を出します

スマートフォン向け位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」。

2020年9月に一周年を迎え、私自身も楽しく遊んでいるわけなのですが、現在開催されている「スペシャルメガモンスター」には、ちょっと物申したいなと思っているところです。

メガモンスターはソロでも挑戦しやすい仕様になりつつあった

ドラクエウォークには、「メガモンスター」と呼ばれるバトルがあります。地図上の特定の位置に巨大なモンスターが登場し、複数人でバトルに挑戦可能なシステムです。

ポケモンGOをプレイしている方であれば、「レイドバトル」をイメージしていただくのがよいかと思います。

基本的には複数人で挑戦することが推奨されてはいるものの、やはり地域によってはそれが難しく、私の場合も1人で挑戦することが圧倒的に多い現状があります。

そのような状況を受け、敵のHPがある程度減るまでCPUキャラクターがサポートしてくれる仕組みが導入されました。

このシステムの導入により、ソロプレイであってもそれほど時間がかからずメガモンスターを攻略できるようになりました。

自宅でも楽しめる「どこでもメガモンスター」もデイリーイベント化し、ここまでの対応はおおむね評価されていました。

HP高いが報酬豪華なスペシャルメガモンスターが登場

しかし一周年記念イベントの一環で登場している「バリゲーン」は、プレイヤーによって満足度に大きな差があるイベントになっています。

推奨攻略レベルが上級職55以上。私もソロで挑戦しましたが、最終盤で耐えきれなくなり無念の1コンクリアでした。なお、他のメガモンスターではすべて、ノーコンクリアが安定するだけの戦い方ができていました。

これはまだ、いろいろ見直せばノーコンできる可能性もあると思いますので、まあいいとしましょう。パラディン育てなきゃ。

ただ強いだけならまだしも、不満を集める要因になっているのが、冒頭で紹介した「スペシャルメガモンスター」の仕様です。

スペシャルメガモンスター枠で登場するバリゲーンは、通常時に比べHPが高く設定されています。

その代わり最大12人で挑戦することが可能であり、こころ(ステータスを強化するアイテム)を2つ確定ドロップ。さらには特別な「暴嵐天ボックス」をドロップし、その中にはSランクのこころなどの貴重アイテムが入っています。

その上、視認可能範囲や挑戦可能な範囲が通常のメガモンスターより広くなっています。運営さんの意図としては「一周年だしみんなで集まってバトルを楽しんでね」ということなのだと思います。

そもそも人が集まらない

確かにこの「スペシャルメガモンスター」イベントは、「人が集まるのであれば」すごくいいイベントなのだと思います。

しかし先ほどもお話したとおり、私はメガモンスター挑戦時に複数人で挑戦した経験はほとんどありません。

ただでさえ攻略難易度が過去最高レベルのバリゲーンの、さらにHPが強化されたバージョンともなれば、ソロクリアはほとんど困難なミッションでしょう。

さらにプレイヤーの感情を逆なでした感があるのが、事前に告知されていた「視認可能範囲や挑戦可能な範囲は通常のメガモンスターより広い」というもの。

攻略サイトによると、通常時は半径100mのところ、なんと半径160mで挑戦可能なっているとのこと!

申し訳ありませんが、この距離拡大がもたらす恩恵がどれほどのものか、私には十分に理解することができませんでした。

バリゲーンの攻略と倒し方・こころ性能【メガモンスター】(ドラクエウォーク攻略)

個人的には、ポケモンGOで今年に入ってから登場した「リモートレイドパス」のように、1kmくらいは可能なのかなと期待してたんですけどね。

メガモンスターでどれくらいの人数が集まるか、運営さんは当然データを集めているはずなんですが。

そんな状況で「12人集まったから瞬殺だわー 報酬も豪華でいいよねー」なんて記事を見ると、もうソロでちまちまとこころを集めるモチベーションなんてガタ落ちなわけです。

暴嵐天ボックスからこころSをゲット!? スペシャルメガモンの報酬がウマい【電撃DQW日記#651】

改善を信じて2つの提案

つらつらと文句を書き連ねてきましたが、ドラクエウォークの運営さんはこれまで、プレイヤーのさまざまな不満に迅速に対応してくれました。

今回もきっと改善してくれると信じて、私の要望をあげていきたいと思います。

挑戦可能範囲を広げて!

挑戦可能範囲は160mなんてせこいことを言わず、1km程度の範囲は挑戦可能にしてくれたらいいと思います。

これからプレイヤー数が急増することは見込めないのですから、今いるプレイヤーの範囲で快適にプレイできるラインを見極めて調整してほしいところです。

ボスの強さに関しては、人が十分に集まる仕様になるのであれば、現状のままで構いません。

バトル不参加ならとうばつ手形の返却を!

もうひとつが、メガモンスターに挑戦するために必要な「とうばつ手形」の仕様です。

とうばつ手形は、参加ボタンを押した時点で消費される仕様になっています。数が集まらないから離脱しようとなっても、とうばつ手形は返ってこないんですよね。

人が集まりにくい地域においては、

  1. 人が集まったら挑戦しよう
  2. でもとうばつ手形を消費するのは辛い
  3. 初めから参加しない
  4. 人が集まらない

の悪循環ができてしまっています。

とうばつ手形は、一日一個しか入手できない貴重品。そう簡単にロストできないんですよね。

【終わりに】すぐ辞めることはないけど…

今回の「スペシャルメガモンスター」の仕様は、都市部と地方のプレイヤーの満足度をさらに広げることになりました。

これまで地域格差については積極的に対応していたように見えていただけに、がっかり感は半端ありません。

すぐに辞めたくなるとかそういうわけではありませんが、じわじわモチベーションが削られれば、それはもう分かりませんね。これから寒くなりますし。

今回のイベント中に仕様を変更するのは難しいにしても、次回があるのならしっかり改善してほしいところです。

ポケモンGOと並んでハマっているゲームなのですから、できれば続けていきたいんですけどね。