【パワプロ2022】「サウンド」機能を統合し使いやすく。応援歌はテンポの自由変更や2パート作成も

2022年4月21日に発売されるNintendo Switch/PS4ソフト「eBASEBALLパワフルプロ野球2022」(パワプロ2022)。

サウンド関連の設定が統合され、より使い勝手が良い仕組みになりました。

本記事では、サウンドの詳細を公式サイトの「パワプロ前夜祭」に掲載された内容を元に紹介します。全モードをざっくりと知りたい方はこちらの全体まとめ記事をどうぞ。

サウンドモードを新設

「サウンド」モードが新設され、各モードに分かれていた「サウンド設定」と「BGM設定」と「応援曲作成」がここにまとまりました。

チームの「応援曲設定」、選手の「よびかた設定」と「ボイス」設定は、チームや選手に紐づいていることもあり、従来通り「アレンジ」や「選手データ」の中にあります。

引用:パワプロ2022公式サイト

応援曲作成に新機能

テンポの数値(BPM)を自由に設定できるようになり、「はやい」や「ふつう」などのほか、「カスタム」ではBPM80~240の範囲でテンポを決められます。

これにあわせ、好きな小節の頭から曲中1回だけテンポチェンジを入れることができます。そのほか、2つ目のメロディパートを作れるようになり、ハモリや伴奏などが可能になります。

引用:パワプロ2022公式サイト

応援曲データ引き継ぎ

Nintendo Switch版でも、「パワプロ2020」と「プロスピ2021 グランドスラム」のデータを引き継げるようになります。本体ストレージかSDカードに該当のセーブデータがあれば、「設定⇒データ引継ぎ」から応援曲作成データを引き継ぐことができます。

データ引き継ぎに関してはさまざまな要望があり、今後も手軽に引き継げる仕組みづくりを検討していくとのことです。

キャラボイス

選手のボイス設定で、過去作のキャラボイスを設定できるようになります。対象は「パワプロ2018」と「パワプロ2020」です。汎用ボイスとあわせ、全部で74名分のボイスが選択できます。

ほとんどのボイスはアンロック式になっており、すべて開放するには、サクセスやパワフェスをたくさん遊ぶ必要があります。

引用:パワプロ2022公式サイト

音楽DLC

NPBの「応援曲」「選手テーマ」そして「ブラバン」のライセンス許諾を取得して更新していますが、このご時世で新曲の演奏が少なく更新は少なめとなっています。その代わり、高校のオリジナル応援曲が充実し22曲が追加されました。

これらの音楽DLCコンテンツは、今作からSwitch版でも購入可能に。個別購入のほか月額購入プランもあります。オンライン時限定、かつ本作のオンラインサービスが終了すると聞けなくなるという制約はある代わりに、価格は安めです。

詳細は以下のリンクからどうぞ。

音楽DLC月額プラン(パワプロ2022)

予約購入

主題歌の裏話等も語られている「パワプロ前夜祭」サウンド編はこちらから。

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント
¥6,573 (2022/12/04 17:47:13時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント
¥5,300 (2022/12/04 09:11:36時点 Amazon調べ-詳細)