任天堂社長が2020年内発売を否定!「Nintendo Switch Pro」の噂はどこから降ってわいた?

2020年1月31日、任天堂の公式サイトに、2020年3月期の「経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会」資料が掲載されました。

その中で「2020年内にNintendo Switchの新モデルを発売する予定はございません。」と任天堂の社長が明言していることが話題になりました(上記リンクの資料9ページ目)。ヤフーニュースのトップにもなりましたので、見出しだけでも見た方は多いことでしょう。

一般的に「Nintendo Switch Pro」と称される、高機能版Switchの噂はどこから来ているのか、これまでの情報を整理します。


引用:マイニンテンドーストア

Nintendo Switch Proと呼ばれる理由

まずは、なぜ「Nintendo Switch Pro」と呼ばれるのか解説します。

新型Switchに関してはさまざまな噂がありますが、低価格版である「Nintendo Switch Lite」が発売された状況から、「次に出すなら高機能版だろう」と多くの人が考えています。

御存知の通り、PlayStation4は4K映像に対応するなどした高機能版を「PlayStation4 Pro」として発売しており、「Nintendo Switch Pro」の名称はそれになぞらえたものと思われます。

もちろん、Switchの高機能版自体は公式発表ではありませんので、任天堂が発表した正式名称ではありません。

created by Rinker
任天堂
¥25,900 (2020/08/10 03:25:34時点 Amazon調べ-詳細)

Switch Proの噂を報道で追う

第一報は2018年

高機能版Switchが発売されるとの噂が出てきたのは、2018年の夏頃です。ネタ元が正体不明のゲームジャーナリストだったため、このときはそこまで広がることはありませんでした。

次に話題になったのが、2018年10月にアメリカの経済紙「Wall Street journal」(WSJ)の記事です。2019年後半に新型Switchを発売すると報じ、ディスプレイの強化や、バッテリー消費の少ないモデルになるとしています。

【関連記事】
任天堂、新型スイッチを2019年後半に投入へ=関係者(WSJ)

2019年にLiteの噂は当たり。Proはなし

さらに2019年3月には、WSJが低価格版と高機能版の2種類の新型Switchを発売すると報じました。低価格版に関しては、WSJ報道の前である2019年1月に日本経済新聞がその噂を報じています。

その後、低価格版は「Nintendo Switch Lite」として発売され、噂の一部は現実のものとなりました。

【関連記事】
任天堂、「遺産」頼みの回復 4~12月期純利益25%増(日経)
任天堂「スイッチ」新型モデル2種、今夏にも発表(WSJ)

2020年もあいまいな情報が飛び交う。そして社長が否定へ

2020年に入ってからも、高機能版の噂は絶えません。

1月6日、台湾のITメディアである「DIGITIMES」は、本体の素材をマグネシウム合金に変えたり、CPUを強化したりした新型Switchが2020年半ばに発売されると報じました。

内容が極めて断片的であり、DIGITIMES自体も任天堂の情報に関して精度が高いわけではないのですが、なぜかこの噂はそれなりに広がり、後追い報道をするメディアも出ました。

しかし、任天堂の社長が公の場で2020年内の発売を否定したことにより、この報道が根拠のないものであると確定しました。

【関連記事】
Nintendo new Switch to enter mass production in 1Q20(DIGITIMES)

Switch Proはないだろうと私が思う理由

任天堂の社長が2020年内の新型Switch発売を否定したことにより、噂は一定期間落ち着くと見られています。ただし、発売自体を否定したものではないため、今後もどこかのタイミングで噂が出てくるものと予想されます。

完全否定をしなかったのは、あらゆる可能性を残しておくためでしょう。2020年内の発売だけを否定したのは、現行Switchの販売好調に水を差したくなかったからではないでしょうか。

私個人の感想としては、Switch高機能版の発売はないと思っています。理由は以下の3点。

  • 任天堂はスペックやグラフィックをそこまで追い求めない
  • 現状でもSwitchは十分に好調
  • 任天堂の新ハード発売サイクル


といったところです。3つ目について、少し補足をしておきます。

任天堂の据え置き機に限定してお話すると、第1弾のファミコン以降、任天堂は5~7年のスパンで新ハードを発売しています。

2017年3月に発売されたSwitchは、2014年にはプロジェクトが始まっていたとされます(エンタミクス2017年5月号)。

Switchはこの3月で発売3周年を迎えますし、すでに新ハードの検討は始まっていることでしょう。現行Switchが好調な状況も鑑みると、マイナーチェンジ版を出すよりも、直に新ハードに移行する可能性のほうが高いような気がします。

ソニーの場合は、自社がテレビを作っている都合上、なるべく早く4Kに対応する必要があったんじゃないかなと思ったり思わなかったりします。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥51,500 (2020/08/10 04:38:45時点 Amazon調べ-詳細)

【終わりに】買いたいときに買えばいいと思います

Nintendo Switchの高機能版、通称「Nintendo Switch Pro」の噂について整理しました。

少なくとも現時点で、Switchの購入を先送りするほどの状況ではなく、遊びたいゲームがあるなら買ってしまえばいいんじゃないかなと思います。