Switchやリングフィットアドベンチャーなどの生産が遅延。新型コロナウイルスの影響で【追記あり】

2020年2月18日

連日ニュースを騒がせている新型コロナウイルス。感染力や致死率などで分からない部分が多く、人々を不安にさせているところです。

差別的な対応が横行したり、フリマアプリなどでマスクが高額転売されたりするなど嫌なニュースが多い状況ですが、こんなときこそ助け合って行動したいものですね。

さて、新型コロナウイルスは経済活動にもさまざまな影響を与えています。任天堂は2月6日、新型コロナウイルスの影響により、「Nintendo Switch」や「リングフィットアドベンチャー」などの生産や出荷が遅延すると発表しました。


引用:マイニンテンドーストア

どうぶつの森セットも延期に

発表された文書はこちらです。

新型コロナウイルス感染症による、Nintendo Switchなどの生産および出荷への影響について(お詫び)

この中で任天堂は、「Nintendo Switch」本体や周辺機器、および現在品薄状態にある「リングフィットアドベンチャー」の生産や出荷が遅延するとしています。

異例の事態だけにやむを得ないところではありますが、楽しみにしていた皆さんにとっては辛いところ。

「リングフィットアドベンチャー」は、年末年始以降は転売価格が落ち着く傾向にありましたが、再び高騰に転じる可能性が出てきました。

合わせて、2020年2月8日に予定されていた「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」およびキャリングケースの予約開始が未定となりました。(詳細はこちら

新たな予約開始日は後日発表されるとのことですので、続報を待ちましょう。

【追記:2020年2月18日】どうぶつの森セットは予約開始日が決定

任天堂は2020年2月18日、「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」およびキャリングケースの予約開始が3月7日に決定したことを発表しました。

現時点でSwitchの通常モデルやリングフィットアドベンチャーに関するアナウンスはなされていませんが、生産の遅れは徐々に解消に向かっていく可能性が高いでしょう。