ゼルダ続編は2023年春に延期へ。それでも強い任天堂の2022年ラインナップまとめ

任天堂は3月29日、2022年内の発売を予定していた「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」の続編について、2023年春への延期を発表しました。動画はこちら。新映像もわずかにあります。

あまりに強すぎると話題だった任天堂の2022年ラインナップのひとつが崩れたわけですが、前回記事以降に発表された任天堂のタイトルを見てみると、むしろ総合力は増しているのではという結論に至りましたので、本記事で整理します。

引用:Youtube

任天堂の強すぎる2022年ラインナップまとめ

1月28日 ポケモンレジェンズ アルセウス
3月25日 星のカービィ ディスカバリー
4月29日 Nintendo Switch Sports
6月10日 マリオストライカーズ バトルリーグ
スプラトゥーン3
9月 ゼノブレイド3
ポケットモンスター スカーレット・バイオレット
年内 ベヨネッタ3
年内 マリオ+ラビッツ最新作(仮称)

すでに発売されたタイトルでは、「ポケモンレジェンズ アルセウス」「星のカービィ ディスカバリー」ともに高い評価を獲得し、シリーズ最高傑作と評する声も少なくありません。

4月以降も、ゼルダ続編がなくなったとはいえこの充実のラインナップです。特に「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」はシリーズとして初のオープンワールド採用を明らかにしており、期待値はかなり高いタイトルです。

「スプラトゥーン3」は言うまでもなく、「Nintendo Switch Sports」はこの手のゲームの強さをなめちゃいけないし、「ゼノブレイド3」はコアファンが多いタイトルだし開発はゼルダにも参加しているモノリスソフト。

そのほか、任天堂は例年6月のE3に合わせてNintendo Directを開催しています。そこでも年後半発売タイトルがいくつかあると思いますので、ラインナップはさらにすごいことになるでしょう。

発売延期告知動画

switch

Posted by hiro