2019年の個人的ゲームニュース。PCの偉大さを感じた一年でした。

これを書いているのは2019年12月31日。つまり2019年最後のブログ記事となります。

少し前にゲーム業界全体のニュースをまとめましたが、ここからは個人的なゲームニュースを紹介します。

それぞれ関連するブログ記事がある場合はURLをのせていますので、よろしければご覧ください。

PCゲームのプレイ時間が増えました

今年はゲーミングPCを購入したこともあり、PCゲームのプレイ時間が増えた1年でした。

  • Satisfactory
  • Ancestors
  • Autonauts

プレイ時間が多かったのはこのあたりです。

ゲーム機に絞ってしまうと、シミュレーションゲームがどうしても少なくなってしまうんですよね。

たまにあってもシミュレーションRPGだったりして、それを好きな方も多いんでしょうけど私の好みではないんです。

その点PCは、さまざまなタイプのシミュレーションゲームが充実しています。

記事化はまだできていませんが、年末には「FOOTBALL MANAGER 2020」も購入しました。

動画編集が快適なのも、ゲーミングPCの良さだったりもします。



ゲーミングモニター買いました

PCの購入に合わせる形で、モニターも買い替えました。遅延を意識して購入したのは、今回が初めてです。

今までテレビにつないで遊んでいたPS4をこちらにつないで遊んだときは、本当に驚きました。

「パワプロ2018」で遊んだのですが、いつもなら振り遅れるタイミングで間に合ってしまうんですよね。

変化球を見る余裕もできてバッティングが向上し、守備の反応も良くなり、まるでプレイスキルが上がったかのような錯覚に陥りました。

ソシャゲのプレイ時間が減りました

2019年に主に遊んだスマホゲームは、「ポケモンGO」と「ドラクエウォーク」でした。

多くの位置情報ゲームが撃沈していく中で、ドラクエウォークはとても健闘していますよね。2年半が過ぎてもしっかり楽しめるポケモンGOもさすがです。

この2つで遊ぶ時間が散歩を含めて1日1時間程度なのですが、それ以外のスマホゲームで遊ぶ時間はすっかり少なくなりました。

仕事柄外出することが少ない私にとって、「どこでも遊べる」ということは大したメリットにはなりません。

そう考えると、ゲーミングPCを手に入れてしまった以上、普通のソシャゲのプレイ時間が減るのは必然であり、運動という動機になるポケモンGOやドラクエウォークをプレイしているのもまた必然です。


名将甲子園でたくさん遊びました。そして終了へ

「パワプロ2018」が2019年度版にアップデートされたタイミングで実装された「名将甲子園」モード。

ガチャなどで集めたサクセスキャラクターを使ってシナリオを進め、チームを作るモードです。

プレイ時間もさることながら、このブログでも攻略記事や最新情報記事をたくさん書きました。

おそらく2019年でもっとも時間を費やしたゲーム(モード)だったことでしょう。

ただし2019年末、オンラインサービスの終了が発表されました。課金は1月末で終了です。

正直な話をすると、私自身も秋以降はプレイ時間が減少していました。終了に寂しさも感じつつ、意外性はそれほどありません。

8月以降は新たなシナリオの追加もありませんでしたし、終了発表直前は強キャラをばらまいていましたし。

それよりパワプロ2020の発表はいつなのでしょうか。

初めて妖怪ウォッチシリーズ作で遊びました

Nintendo Switchの「妖怪ウォッチ4」をプレイしました。

妖怪ウォッチシリーズのナンバリング作品をプレイするのは、今回が初めてです。

感想としては、ゲームを楽しんだというより、ストーリーを楽しんだ作品でした。

映画などと共通する部分も多かったそうですが、私は見ていないので新鮮に楽しめました。

価格相応分の満足感は得られましたが、不満もなかったわけではありません。

  • アクションバトルへの変更はいいとして、視点変更などもう少し快適にしてほしかった
  • ストーリー以外で妖怪を仲間にするのが面倒くさすぎる(魂とかいうシステムは必要だったのだろうか)
  • 妖怪が進化しない(ランクの低い妖怪を育てる意味がなく、過去作とも一貫性がない)

などなど、「定期的に大胆な変更をしないと気がすまない」レベルファイブの悪いところも出ていたと感じました。

子供のプレイヤーが多いと想定される作品だからこそ、分かりやすさはもっと大切にするべきだったような気がします。

レベルファイブ作品全般、もう少しファンの思いを大切にしてほしいと願っています

レイトン教授…

created by Rinker
レベルファイブ
¥5,030 (2020/09/27 06:08:17時点 Amazon調べ-詳細)

【終わりに】2019年もお世話になりました

2019年の個人的ゲームニュースまとめでした。

当ブログを続けていられるのも、いつも見に来てくださる皆様のおかげです。(モチベーション的な意味でも、広告収入的な意味でも。)

来年もどうぞよろしくお願いいたします。