パワプロ・プロスピ

【パワプロ2018】名将甲子園の基本情報と攻略。そして感想【パワプロ2019】

更新日:

「実況パワフルプロ野球2018」において、2019年データへのアップデートにより追加された新モード「名将甲子園」。

実際にプレイする中で見えてきたことをまとめていきたいと思います。気づいたことがあれば加筆修正します。

ガチャ

選手のゲットはガチャ。課金もあり

名将甲子園のガチャ

本モードは課金ガチャを採用しています。もちろん課金したほうが、強力な選手やマネージャーをゲットしやすくなっています。

課金アイテム(パワダイヤ)はログインボーナスなどでも配布されますので、有効に活用しましょう。はじめのうちはそれなりにたくさんたまります。

2019年5月30日までは、リリース記念ガチャが実施されています。SRが確定している10連3回目まで引くのがよさげ。シナリオ固定キャラは枠を食わないメリットもあります。

温存する選択肢もありますが、最初からそれなりに強いキャラクターをそろえたほうが、プレイのモチベーションを保てます。(個人の感想です。)

モードをプレイする中でたまるポイントを消費して、ガチャを引くこともできます。ほとんどNですが、たまにいいのも出たりしますので、ちゃんと引きましょう。1日1回無料です。

名将甲子園ガチャ

ガチャの詳細はこちらの記事にまとめました。

パワダイヤ

ガチャに必要なパワダイヤには、有効期限があります。配布日から150日となっていますので、うっかり消失しないようにしましょう。

パワダイヤの有効期限は、「ショップ」→「パワダイヤ確認」から確認することができます。

選手・マネージャー

選手の初期能力は低い

名将甲子園ステータス

選手は非常に低い能力からスタートします。練習をしたりミッションを達成したりすることで、少しづつ強くなります。

名将甲子園ミッション

ミッションの達成には、「〇〇練習を×回」「試合で〇〇を達成」などの条件が定められています。

選手にはレアリティがあります。レア度の高い選手のほうがレベル上限が高く、ミッションの数も多いのでよく成長します。

まずはレアリティが高い選手のミッションを優先してこなしていくのがいいでしょう。

入部

各年の4月には、それぞれ4人ずつキャラクターを追加することができます。戦力として育てたい選手は、早めに入部させましょう。基本はレアリティの高い選手優先です。

入部の画面を見ると4人の枠が増えそうな雰囲気もないことはないですが、今のところそういった情報は確認できません。少なくとも「夏の甲子園優勝」や「10チーム作成」では増えませんでした。

マネージャー

名将甲子園マネージャー

マネージャーは選手ではありません。その代わりマネージャーがいるところで練習をすると、練習効果がアップします。

マネージャーにはマネージャースキルがあります。チームを効率よく育てるためには、マネージャーの効果的な活用がカギとなります。

マネージャーを追加するタイミングですが、2年目以降で十分かなと思います。勝利数などのミッションは、後から加入してもクリア扱いになります。これは選手も同じです。

限界突破

名将甲子園限界突破

キャラクターには限界突破の要素があります。限界突破をするとレベル上限が上がり、新しい特殊能力を習得することもあります。

限界突破をする方法は2つあります。

  • ガチャで同じカードを引く(レアリティも同じ)
  • パワ玉を使う

パワ玉はミッションをこなすと時々もらえるアイテムです。レアリティにより、限界突破に必要なパワ玉の数は異なります。なお限界突破の回数が増えても、必要となるパワ玉の数は変わらない模様。

  • N:10個
  • R:30個
  • PR:50個
  • SR:100個

レアリティ突破

名将甲子園レアリティ突破

限界突破が+10に達すると、カードのレアリティがアップします。例えばNカードが+10になると、Rになるという具合です。

というわけで、極端な話をすればNも1000枚集めればSRになるということですね。

選手には3つのタイプがある

名将甲子園選手タイプ

MOB以外のキャラクターにはタイプが設定されています。「孤高」「バランス」「サポート」の3つがあり、「つくる」コマンドではタイプ別に上がりやすい施設も用意されています。

またミッションを開放した際に、孤高は自分の能力アップ系が多い、サポートは全体の能力アップ系が多いといった違いがあります。

練習・伝授

得意練習

名将甲子園練習

キャラクターにはそれぞれ得意練習があります。得意練習ができる状態だと、アイコンが光っています。得意練習をすると得られる経験値が多くなりますので、見つけたら積極的にこなしていくのがいいでしょう。

コツ

名将甲子園コツ

!マークが出ているときは、コツをゲットすることができます。その選手が持っているいずれかの特殊能力のコツを入手できます。

名将甲子園オーラ
キャラクターのいるところで練習をしたり、ミッションをクリアしたりすると「絆」が上昇します。最大値は100。

絆が一定値に達すると、「オーラ練習」が発生します。オーラ練習ができる状態だと、アイコンが青く光ります。オーラ練習は、いつもより高い効果を発揮します。

伝授

獲得した経験点やコツなどをキャラクターに振り分けます。コツや経験値を振り分けるのは、監督スキルで節約系を習得してからがいいでしょう。

なお個別の能力を上げる玉は、監督スキルの有無に影響されません。

試合

名将甲子園試合

試合では定期的に出番が回ってきます。チャンス、ピンチ、それ以外の場面で回ってきますが、1試合に5回までしか自分で操作することができません。

何でもない場面はなるべくCPUに任せるようにして、ここぞという場面でプレイヤーが介入しましょう。

とはいえ、例えば最終回に1,2塁とし、出番の回数が残っていたとしてもそのまま終わってしまうことがあります。終盤になったら早めに使ったほうがよさそう。

コマンド

つくる・発展ポイント

名将甲子園つくる

パワフル高校のシナリオで重要な要素の一つが「つくる」コマンドです。発展ポイントなどをためると施設の設置が可能になり、さまざまな効果を発揮してくれます。

順番は迷うところですが、まずは「プール」を目指しましょう。プールは調子を維持する効果がありますし、その途中で設置する施設では「器材」をもらうことができます。

なお器材は自動で効果を発揮しますので、特別なことをする必要はありません。

無条件で経験値が上がる「ゲドー君像」「ガンダーロボ」は、3年目に温存するのがよいと思います。

監督ポイント・スキル

名将甲子園監督スキル

ミッションクリアなどでもらえる監督ポイントで上げる監督スキルは、練習効率がアップしたり、「つくる」で複数の施設が作れるようになったりします。

どれを上げるべきかは、チームの育成方針による部分が多いですから、なんとも言うことができません。

序盤は練習&試合系、終盤は経験点効率やコツ節約系という感じがいいのかな。序盤からチームランクが上がり、発展ポイントに余裕が出てくるようであれば、つくる系のスキルも考えてよいでしょう。

スタジアム

名将甲子園スタジアム

シナリオで作成したチームを、他のプレイヤーが作成したチームと戦わせます。リアルタイム対戦ではありません。シナリオ中の試合と違い、すべての出番は自分で操作することができます。

スタジアムに挑戦するためにはチケットが必要です。チケットはシナリオでチームを作成するごとにもらえます。

チケットには使用期限がありますので、とりあえず使い切るようにしましょう。期限付きチケットの使用期限は日曜23:59まで。

ポイント報酬もそのタイミングでリセットされ、再度獲得できるようになります。週間報酬は50万ポイントがMAX(イベントで追加される場合あり)ですので、とりあえずそのあたりを目標にするとよいかと思います。

チームを入れ替える場合は、「マイチーム」から。

感想

最後に名将甲子園をプレイした感想をまとめておきたいと思います。

雰囲気はサクセスと似ていますが、チームを育てるというのは面白いなと思いました。一人を集中して育てればいいというわけではなく、ある程度バランスを考えながら育てなければいけませんし。

おなじみのサクセスキャラクターを自由に育てられるのもいいところ。変化球も自由に成長させることができるので、普通は覚えない変化球をもった選手ができるのは楽しいです。

ひとつ文句があるとすれば、課金ガチャがあるモードであることは事前に告知してほしかったなということです。これだけ楽しいモードなので無課金でも十分に遊べるのですが、やっぱりそこは明記しておくべきではなかったのかなと思いますね。

【終わりに】やりごたえのある新モードでした

名将甲子園の基本情報と感想を紹介しました。

やればやるほど強いチームが作れるやりごたえのあるモードだと思うので、みなさんもぜひプレイしてみてください。

課金ガチャありですが、はじめのうちは比較的多くのダイヤ(課金アイテム)がもらえますから、いいキャラクターをゲットできるチャンスはかなりあります。

新シナリオの追加も今から楽しみにしたいところです。

プレイ動画あります

初見プレイを動画にまとめています。興味のある方はどうぞ。

-パワプロ・プロスピ
-, ,

Copyright© 半径500m以内から出たくない人のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.